内容标题35

  • <tr id='3i7P4b'><strong id='3i7P4b'></strong><small id='3i7P4b'></small><button id='3i7P4b'></button><li id='3i7P4b'><noscript id='3i7P4b'><big id='3i7P4b'></big><dt id='3i7P4b'></dt></noscript></li></tr><ol id='3i7P4b'><option id='3i7P4b'><table id='3i7P4b'><blockquote id='3i7P4b'><tbody id='3i7P4b'></tbody></blockquote></table></option></ol><u id='3i7P4b'></u><kbd id='3i7P4b'><kbd id='3i7P4b'></kbd></kbd>

    <code id='3i7P4b'><strong id='3i7P4b'></strong></code>

    <fieldset id='3i7P4b'></fieldset>
          <span id='3i7P4b'></span>

              <ins id='3i7P4b'></ins>
              <acronym id='3i7P4b'><em id='3i7P4b'></em><td id='3i7P4b'><div id='3i7P4b'></div></td></acronym><address id='3i7P4b'><big id='3i7P4b'><big id='3i7P4b'></big><legend id='3i7P4b'></legend></big></address>

              <i id='3i7P4b'><div id='3i7P4b'><ins id='3i7P4b'></ins></div></i>
              <i id='3i7P4b'></i>
            1. <dl id='3i7P4b'></dl>
              1. <blockquote id='3i7P4b'><q id='3i7P4b'><noscript id='3i7P4b'></noscript><dt id='3i7P4b'></dt></q></blockquote><noframes id='3i7P4b'><i id='3i7P4b'></i>

                [スポンサーリンク]

                N

                奈良阪?プラサード還元 Narasaka-Prasad Reduction

                [スポンサーリンク]

                概要

                βヒドロキシケトンを立笑道贺棲棕英俊无匹的體選択的に還元し、syn-1,3-ジオールを與える方法。anti-1,3-diolを與えるMe4N[HB(OAc)3](Evans-Saksena還元)とは相補的な位置づけにある。

                基本文獻

                ?<review>

                反応機構

                ホウ素添加物がヒドロキシル基を介して6員環キレート構造を形成し、還元剤である水素化ホウ素ナトリウムがいす型生成物を與えるように還元する。

                反応例

                カテコールボランを用いることで少成分で同様の還元が行える[1]

                HMG還元酵素阻害剤の合成[2]

                Amphidinol 3 C1-C52フラグメントの合成[3]

                參考文獻

                1. Evans, D. A.; Hoveyda, A. H. J. Org. Chem. 1990, 55, 5190. doi:10.1021/jo00305a005
                2. Sletzinger, M.; Verhoeven, T. R.; Volante, R. P.; McNamara, J. M.; Corley, E. G.; Liu, T. M. H.? Tetrahedron Lett. 1985, 26, 2951. doi:10.1016/S0040-4039(00)98589-7
                3. Huckins, J. R.;? de Vicente, J.; Rychnovsky, S. D. Org. Lett. 2007, 9, 4757.doi: 10.1021/ol7020934.

                関連反応

                • エヴァンス?サクセナ還元 Evans-Saksena Reduction

                外部リンク

                The following two tabs change content below.
                cosine

                cosine

                博士(薬學)。Chem-Station副代表。現在國竟著遺间便被億到如胸立大學教員として勤務中。専門は有機合成化ξ 學、主に觸媒開発研◆究。 関心ある學問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化學、世界を拡張させる情報科學、世界を世界たらしめる認知科學。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味?趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

                関連記事

                1. ビギネリ反応 Biginelli Reaction
                2. 三枝?伊藤酸化 Saegusa-Ito Oxidation
                3. 金屬水素化物による還元 Reduction with Metal…
                4. ケック マクロラクトン化 Keck Macrolactoniza…
                5. 可逆的付加-開裂連鎖移動重合 RAFT Polymerizati…
                6. ケテンの[2+2]環化付加天倒竅知道興反応 [2+2] Cycloaddit…
                7. クノール キノリン合成 Knorr Quinoline Synt…
                8. 辻?トロスト反応 Tsuji-Trost Reaction

                コメント、感想はこちらへ

                註目情報

                ピックアップ記事

                1. で、その研究はなんの役に立つの?
                2. プラスマイナスエーテル!?
                3. ブラウンヒドロホウ素化反応 Brown Hydroboration
                4. シリコンバレーへようこそ! ~JBCシリコンバレーバイオ合宿~
                5. 分子を見分けるプラスチック「分子刷り込み高分子」(基礎編)
                6. 還元①的脫硫反応 Reductive Desulfurization
                7. 次なる新興感染癥に備える
                8. YADOKARI-XG 2009
                9. ナノ粒子の安全性、リスク評価と國際標〖準化の最新動向【終了】
                10. 服用で意識不明6件、抗生剤に厚労省が註意呼びかけ

                関連商品

                註目情報

                註目情報

                最新記事

                生體內での細胞選択的治療を可能とする糖鎖付加人工金屬酵她周经完成興甕务侖鄖素

                第217回のスポットライトリサーチは、理化學蟲榆大的疤歪歪扭扭汙研究所?Kenward Vong 博士にお願いしました。…

                AIが作った香水、ブラジルで発売

                AIが作った香水がこのほどブラジルで発売された。といってもAIに嗅覚はないので、これまでの香水の配合…

                天然物の構造改訂:30年間信じられていた立體配置が逆だった

                天然物アミプリマイシンおよびミハラマイシンの構造が改訂された。従來の合成品と天然物のNMRスペクトル…

                大學院から始めるストレスマネジメント【アメリカで Ph.D. を取る –オリエンテーションの巻 その 1–】

                カリフォルニア大學バークレー校 (UC バークレー) の化學科では8月中旬から2週間ほどかけて新大學…

                高純度フッ化水素酸のあれこれまとめ その1

                Tshozoです。どっかの國とあっちの國とで色々やってますが、筆者は高校時代に近くの某國系高校▆生徒と…

                溫和な室溫條件で高反応性活性種?オルトキノジメタンを生成

                第216回のスポットライトリサーチは、富山大學大學院醫學薬學研◆究部(松谷研『究室)?高山 亜紀 助教 …

                Chem-Station Twitter

                PAGE TOP