内容标题3

  • <tr id='ueiMqG'><strong id='ueiMqG'></strong><small id='ueiMqG'></small><button id='ueiMqG'></button><li id='ueiMqG'><noscript id='ueiMqG'><big id='ueiMqG'></big><dt id='ueiMqG'></dt></noscript></li></tr><ol id='ueiMqG'><option id='ueiMqG'><table id='ueiMqG'><blockquote id='ueiMqG'><tbody id='ueiMqG'></tbody></blockquote></table></option></ol><u id='ueiMqG'></u><kbd id='ueiMqG'><kbd id='ueiMqG'></kbd></kbd>

    <code id='ueiMqG'><strong id='ueiMqG'></strong></code>

    <fieldset id='ueiMqG'></fieldset>
          <span id='ueiMqG'></span>

              <ins id='ueiMqG'></ins>
              <acronym id='ueiMqG'><em id='ueiMqG'></em><td id='ueiMqG'><div id='ueiMqG'></div></td></acronym><address id='ueiMqG'><big id='ueiMqG'><big id='ueiMqG'></big><legend id='ueiMqG'></legend></big></address>

              <i id='ueiMqG'><div id='ueiMqG'><ins id='ueiMqG'></ins></div></i>
              <i id='ueiMqG'></i>
            1. <dl id='ueiMqG'></dl>
              1. <blockquote id='ueiMqG'><q id='ueiMqG'><noscript id='ueiMqG'></noscript><dt id='ueiMqG'></dt></q></blockquote><noframes id='ueiMqG'><i id='ueiMqG'></i>

                [スポンサーリンク]

                海外化◎學者インタビュー

                第36回 生體を模倣する化學― Simon Webb教授

                [スポンサーリンク]

                第36回の海外化學↓者インタビューは、サイモン?ウェブ教授です。イギリスのマンチェスター大學の化學科に所屬しており、生物學的システム、特に生體膜の構造や機能を模倣する化學を研究しています。それではインタビューをどうぞ。

                Q. あなたが化學者になった理由は?

                実のところ、僕は若い時から科學者になりたいと思っていて、動物學や物理學に興味がありました。しかし、私の父の影響で、興味が化學に変わったのです。彼は私に化學の本と大きな硫黃の袋を買って、倉庫から出てくる有害な蒸気には見て見ぬ振りをしていました。

                Q. もし化學者でなかったら、何になりたいですか?またその理由は?

                他の2つの分野に興味があります。私は読書が好きなので、本屋を経営することは常に魅力的な案でした。これも父の影響ですが、様々な小さなビジネスを行うことにも魅力を感じました。

                Q. 概して化學者はどのように世界に貢獻する事ができますか?

                化學の貢獻は予期せぬ領域から來ると確信しているので、研究の多様性は不可欠です。しかし、人間の健康と壽命の改善が社會の第一の関心事であり続けるでしょう。細胞化學に関する知識の急速な増加は、この分野における化學者にとって大きなチャンスをもたらします。高齢化社會のために、新しいクラスの高度に特異的な薬物や生體材料を作り出す必要があります。最後に、一般人の科學への理解と認識を深めることは、化學者を含むすべての科學者にとって大きな課題です。

                Q.あなたがもし歴史上の人物と夕食を共にすることができたら誰と?またその理由は?

                アーネスト?ラザフォードが南マンチェスターで近くに住んでいたことを最近知って以來、彼の人生に興味を持っています。ニュージーランドの小さな町の住人から現代の偉大な研究者の一人に変わっていったことについて、彼がどのように感じたかを知りたいです。

                Q. あなたが最後に研究室で実験を行ったのはいつですか?また、その內容は?

                殘念ながら、私は研究室で頻繁に作業する機會があまりありません。本當に惜しいです。私は約3ヶ月前に最後の実験を行い、學校のイベントのために提案した実験手順をテストしました。失われかけた実験技術を限界まで振り絞って、數グラムの炭酸銅を合成しました。

                Q.もしあなたが砂漠の島に取り殘されたら、どんな本や音楽が必要ですか?1つだけ答えてください。

                私は70年代のディスコ?ヒットの集大成である「Discofreakout」と一緒に、おそらく古代ローマについてのぶ厚い歴史書を持っていきます。本を読み終えたら、渡し船を引き付けるために本を燃やすと思います。

                原文:Reactions –?Simon?Webb

                ※このインタビューは2007年10月26日に公開されました。

                The following two tabs change content below.

                Orthogonene

                有機合成を専門にするシカゴ大學化學科PhD3年生です。 趣味はスポーツ(器械體操?筋トレ?ランニング)と読書です。 ゆくゆくはアメリカで教授になって活躍するため、日々精進中です。 http://donggroup-sites.uchicago.edu/

                関連記事

                1. 第27回 生命活動の鍵、細胞間の相互作用を解明する –…
                2. 第20回 超分子から高分子へアプローチする ― Stuart R…
                3. インタビューリンクー住化廣瀬社長、旭①化成藤原社長
                4. 第34回 生物學と合成化學のハイブリッド高分子材ω 料を開発する―J…
                5. 第13回 化學を楽しみ、創薬に挑み続ける ―Derek Lowe…
                6. 第19回「心に殘る反応?分子を見つけたい」ー京都大學 依光英樹準█…
                7. 第一回 人工分子マシンの合成に挑む-David Leigh教授-…
                8. 第八回 自己集合ペプチドシステム開発 -Shuguang Zha…

                コメント、感想はこちらへ

                註目情報

                ピックアップ記事

                1. Googleの面接で話した自分の研究內容が勝手に特許出願された
                2. 日本化學會↓ケムステイブニングミキサーへのお誘い
                3. 3.11 14:46 ①
                4. ランディ?シェックマン Randy Schekman
                5. ディーン?タンティロ Dean J. Tantillo
                6. ケミカル數獨
                7. ブレイズ反応 Blaise Reaction
                8. 有機無機ハイブリッドペロブスカイトはなぜ優れているのか?
                9. 抗がん剤大量生産輪召进攻重飾大将裴景に期待 山大農學部豊増助教授 有機■化合物生成の遺伝几天前憂妮儡子発見
                10. トリプトファン選択的タンパク質修飾反△応 Trp-Selective Protein Modification

                関連商品

                註目情報

                註目情報

                最新記事

                生體內での細胞選択的治療を可能とする糖鎖付加人工金屬酵素

                第217回のスポットライトリサーチは、理化你僑蹤為咱在的著瘦藝學研究所?Kenward Vong 博士にお願いしました。…

                AIが作った香水、ブラジルで発売

                AIが作った香水がこのほどブラジルで発売された。といってもAIに嗅覚はないので、これまでの香水の配合…

                天然物の構造改訂:30年間信じられていた立體配置が逆だった

                天然物アミプリマイシンおよびミハラマイシンの構造が改訂された。従來の合成品と天然物のNMRスペクトル…

                大學院から始めるストレスマネジメント【アメリカで Ph.D. を取る –オリエンテーションの巻 その 1–】

                カリフォルニア大學バークレー校 (UC バークレー) の化學科では8月中旬から2週間ほどかけて新大學…

                高純度フッ化水素酸のあれこれまとめ その1

                Tshozoです。どっかの國とあっちの國とで色々やってますが、筆者は高校時代に近くの某國系高校▲生徒と…

                溫和な室溫條件で高反応性活性種?オルトキノジメタンを生成

                第216回のスポットライトリサーチは、富山大學大學还竅胸贍能遇到著遺状院醫學薬學研究部(松谷研究如果真的竅同室)?高山 亜紀 助教 …

                Chem-Station Twitter

                PAGE TOP