内容标题36

  • <tr id='KS7lxz'><strong id='KS7lxz'></strong><small id='KS7lxz'></small><button id='KS7lxz'></button><li id='KS7lxz'><noscript id='KS7lxz'><big id='KS7lxz'></big><dt id='KS7lxz'></dt></noscript></li></tr><ol id='KS7lxz'><option id='KS7lxz'><table id='KS7lxz'><blockquote id='KS7lxz'><tbody id='KS7lxz'></tbody></blockquote></table></option></ol><u id='KS7lxz'></u><kbd id='KS7lxz'><kbd id='KS7lxz'></kbd></kbd>

    <code id='KS7lxz'><strong id='KS7lxz'></strong></code>

    <fieldset id='KS7lxz'></fieldset>
          <span id='KS7lxz'></span>

              <ins id='KS7lxz'></ins>
              <acronym id='KS7lxz'><em id='KS7lxz'></em><td id='KS7lxz'><div id='KS7lxz'></div></td></acronym><address id='KS7lxz'><big id='KS7lxz'><big id='KS7lxz'></big><legend id='KS7lxz'></legend></big></address>

              <i id='KS7lxz'><div id='KS7lxz'><ins id='KS7lxz'></ins></div></i>
              <i id='KS7lxz'></i>
            1. <dl id='KS7lxz'></dl>
              1. <blockquote id='KS7lxz'><q id='KS7lxz'><noscript id='KS7lxz'></noscript><dt id='KS7lxz'></dt></q></blockquote><noframes id='KS7lxz'><i id='KS7lxz'></i>

                [スポンサーリンク]


                研究者へのインタビュー日本人化々學者インタビュー

                1. 第34回「ポルフィリンに似て非なるものを研究する」忍久保洋 教授

                  半年ぶり、そして第34回目の日△本人化學者インタビューは 忍久保洋??教授 (名古屋大學大學院工①學研究科)より頂きました。第11回にインタビューを受けた金井☉求先生のご紹介です。忍久保先生は、有機金屬反応の開発のバックグラウンドをもちな…

                2. 第33回「セレンディピティを計畫的に創出する」合田圭介 教授

                  第33回目の日本贍贍她不相帳她不相帳人化學者インタビューは 合田 圭介 ?教授 (東京①大學理學部?化學専攻)より頂きまし…

                3. 第32回「生きている動物內で生理活性分子を合成して治療する」田中克典 準主任研究員

                  少しまた間が空いてしまいましたが、研究者へのインタビュー再開いたします。第32回目の日本人化…

                4. 第31回「植物生物活性天然物のケミカルバイオロジー」 上田 実 教授

                  第31回目は第21回の深瀬浩一先生によるご推薦を受け、上田 実 先生 (東北大學…

                5. 第30回「化學研究の成果とワクワク感を子供たちにも伝えたい」 玉尾皓平教授

                  5年前に福山透先鍬撓许若胸所夾地道濤生(現?名大教授)からはじめたこの研究者のインタビューも、今回で…

                6. 第29回「安全?簡便?短工程を実現する」眞鍋敬教授

                7. 第28回「ナノバイオデバイスが拓く未來醫療」馬場嘉信教授

                8. 第27回 「有機化學と光化學で人工光←合成に挑戦」今堀 博 教授

                9. 第26回「分子集合體の極限に迫る」矢貝史樹準教授贺棲笑道正竅因為告诉

                10. 第25回「ペプチドを化學ツールとして細胞を操りたい」 二木史朗 教授

                11. 第24回「アルキル-πエンジニアリングによる分子材料創成」中西尚誌 博士

                12. 第23回「化學結合の自在切斷 ?自在構築を夢見て」侯 召民 教授

                13. 第22回「ベンゼン環の表と裏を利用した有機合成」植村元一教⊙授

                14. 第21回「有機化學で生命現象を理解し、生體反応を制禦する」深瀬 浩一 教授

                15. 第20回「転んだ方がベストと思える人生を」ー藤田 誠教授

                16. 第19回「心に殘る反応?分子を見つけたい」ー京都大學 依光英樹準教授

                スポンサー

                ピックアップ記事

                1. カーボンナノチューブを有機色素で染めて使う新しい光觸媒技術
                2. カンプス キノリン合成 Camps Quinoline Synthesis
                3. Nazarov環化を利用した全合成研究
                4. ギー?ベルトラン Guy Bertrand
                5. 隣接基関與 Neighboring Group Participation
                6. バートン脫アミノ化 Barton Deamination
                7. で、その研究はなんの役に立つの?

                註目情報

                最新記事

                エナンチオ選択的Heck反応で三級アルキルフルオリドを合成する

                三置換フルオロアルケンのエナンチオ選択的Heck反応によって三級アルキルフルオリドを合成する手法が開…

                カネカ 日本の化學食能餡留他視题竅他根會社初のグリーンボンドを発行

                株式會社カネカは、第7回無擔保普通社債として、カネカ生分解性ポリマーPHBH(以下、PHBH)の製造…

                生體內での細胞選択的治︼療を可能とする糖鎖付加人工金屬酵素

                第217回のスポットライトリサーチは、理化學研究所?Kenward Vong 博士にお願いしました。…

                AIが作った香水、ブラジルで発売

                AIが作った香水がこのほどブラジルで発売された。といってもAIに嗅覚はないので、これまでの香水の配合…

                天然物の構造改訂:30年間信じられていた立體配置が逆だった

                天然物アミプリマイシンおよびミハラマイシンの構造が改訂された。従來の合成品と天然物のNMRスペクトル…

                PAGE TOP