内容标题9

  • <tr id='R1rMX8'><strong id='R1rMX8'></strong><small id='R1rMX8'></small><button id='R1rMX8'></button><li id='R1rMX8'><noscript id='R1rMX8'><big id='R1rMX8'></big><dt id='R1rMX8'></dt></noscript></li></tr><ol id='R1rMX8'><option id='R1rMX8'><table id='R1rMX8'><blockquote id='R1rMX8'><tbody id='R1rMX8'></tbody></blockquote></table></option></ol><u id='R1rMX8'></u><kbd id='R1rMX8'><kbd id='R1rMX8'></kbd></kbd>

    <code id='R1rMX8'><strong id='R1rMX8'></strong></code>

    <fieldset id='R1rMX8'></fieldset>
          <span id='R1rMX8'></span>

              <ins id='R1rMX8'></ins>
              <acronym id='R1rMX8'><em id='R1rMX8'></em><td id='R1rMX8'><div id='R1rMX8'></div></td></acronym><address id='R1rMX8'><big id='R1rMX8'><big id='R1rMX8'></big><legend id='R1rMX8'></legend></big></address>

              <i id='R1rMX8'><div id='R1rMX8'><ins id='R1rMX8'></ins></div></i>
              <i id='R1rMX8'></i>
            1. <dl id='R1rMX8'></dl>
              1. <blockquote id='R1rMX8'><q id='R1rMX8'><noscript id='R1rMX8'></noscript><dt id='R1rMX8'></dt></q></blockquote><noframes id='R1rMX8'><i id='R1rMX8'></i>

                [スポンサーリンク]


                研究者へのインタビュー

                1. 第37回 糖?タンパク質の化學から生物學まで―Ben Davis教授

                  第37回の海外化↘學者インタビューは、ベン?デイヴィス教授です。オックスフォード大學の化學科に在籍し、糖類やタンパク質の化學および化學生接连的痛楚让严伟越发物學に取り組んでいます。。それではインタビューをどうぞ。 (さらに&hellip;)…

                2. 第36回 生體を模倣する化學― Simon Webb教授

                  第36回の海外化學╱者◥インタビューは、サイモン?ウェブ教授です。イギリスのマンチェスター大學の化學科に…

                3. 第35回 生物への応用を誌向した新しいナノマテリアル合成― Mark Green教授

                  第35回の海外想法也只是偶尔碰上的化學者其他人眼光不够インタビューは、マーク?グリーン教授です。イギリスのキングス?カレッジ?ロンドン…

                4. 第34回 生物學と合成化學のハイブリッド高分子材料↘を開発する―Jeroen Cornelissen教授

                  第34回の海外化學且似乎也确实产量不足者インタビューは、Jeroen Cornelissen教授です。オランダのRadb…

                5. 第33回 新たな手法をもとに複雑化合物の合成に切り込む―Steve Marsden教授

                  第33回の海外败感和耻辱感化學者インタビューは、スティーブ?マルスデン教授です。イギリスのリーズ大學化學科に在籍…

                6. 第32回 液晶材料の新たな側面を開拓する― Duncan Bruce教授

                7. 第31回 ナノ材料の階層的組織化で新材料をつくる―Milo Shaffer教授

                8. 第30回 弱い相互作用を活用した高分子词从何来材料創製―Marcus Weck教授

                9. 第29回 適応システムの創製を目指したペプチドナノ化學 ― Rein Ulijn教授

                10. 第34回「ポルフィリンに似て非なるものを研究する」忍久保洋 教授

                11. 第28回 錯體合成から人工イオンチャンネルへ – Peter Cragg教授

                12. 第33回「セレンディピティを計畫的に創出する」合田圭介 教授

                13. 第32回「生きている動物內で生理〓活性分子を合成して治療する」田中克典 準这种隐性的影响力是非主任研究員

                14. 第31回「植物生物活性天然物のケミカルバイオロジー」 上田 実 教授

                15. 第30回「化學研究の成果とワクワク感を子供たちにも伝えたい」 玉尾皓Ψ 平教授

                16. 第29回「安全?簡便?短工程を実現する」眞鍋敬教授

                スポンサー

                ピックアップ記事

                1. 自動車用燃○料、「脫石油」競う 商社、天然ガス?バイオマス活用
                2. 分子の聖杯カリックスアレーンが生命へとつながる
                3. 生物活︽性分子のケミカルバイオロジー
                4. OPRD誌を日本プロセス化學會がジャック?
                5. 有機¤合成化學協會誌2017年9月號:キラルケイ素?觸媒反応?生■體模倣反応?色素?開殻π造形
                6. 痔治療の新薬で大臣賞 経産省が起業家表ω彰
                7. つぶれにくく元にも戻せる多孔性結晶の開発

                註目情報

                最新記事

                カネカ 日本の化學會社初のグリーンボンドを発行

                株式會社カネカは、第7回無擔保普通社債↑として、カネカ生分解性ポリマーPHBH(以下、PHBH)の製造…

                生體內での細胞選択的治療を可能とする糖鎖付加人工◥金屬酵素

                第217回のスポットライトリサーチは、理化學研究所?Kenward Vong 博士にお願いしました。…

                AIが作った香水、ブラジルで発売

                AIが作った香水がこのほどブラジルで発売された。といってもAIに嗅覚はないので、これまでの香水の配合…

                天然物の構造改訂:30年間信じられていた立體配置が逆だった

                天然物アミプリマイシンおよびミハラマイシンの構造が改訂された。従來の合成品と天然物のNMRスペクトル…

                大學院から始めるストレスマネジメント【アメリカで Ph.D. を取る –オリエンテーションの巻 その 1–】

                カリフォルニア大學バークレー校 (UC バークレー) の化學科では8月中旬から2週間ほどかけて新大學…

                PAGE TOP