内容标题15

  • <tr id='yLzYFC'><strong id='yLzYFC'></strong><small id='yLzYFC'></small><button id='yLzYFC'></button><li id='yLzYFC'><noscript id='yLzYFC'><big id='yLzYFC'></big><dt id='yLzYFC'></dt></noscript></li></tr><ol id='yLzYFC'><option id='yLzYFC'><table id='yLzYFC'><blockquote id='yLzYFC'><tbody id='yLzYFC'></tbody></blockquote></table></option></ol><u id='yLzYFC'></u><kbd id='yLzYFC'><kbd id='yLzYFC'></kbd></kbd>

    <code id='yLzYFC'><strong id='yLzYFC'></strong></code>

    <fieldset id='yLzYFC'></fieldset>
          <span id='yLzYFC'></span>

              <ins id='yLzYFC'></ins>
              <acronym id='yLzYFC'><em id='yLzYFC'></em><td id='yLzYFC'><div id='yLzYFC'></div></td></acronym><address id='yLzYFC'><big id='yLzYFC'><big id='yLzYFC'></big><legend id='yLzYFC'></legend></big></address>

              <i id='yLzYFC'><div id='yLzYFC'><ins id='yLzYFC'></ins></div></i>
              <i id='yLzYFC'></i>
            1. <dl id='yLzYFC'></dl>
              1. <blockquote id='yLzYFC'><q id='yLzYFC'><noscript id='yLzYFC'></noscript><dt id='yLzYFC'></dt></q></blockquote><noframes id='yLzYFC'><i id='yLzYFC'></i>

                [スポンサーリンク]


                元素の基本と仕組み元素に関する人物

                1. ペッカ?ピューッコ Pekka Pyykk?

                  ペッカ?ピューッコ(Pekka Pyykk?、1941年10月12日(Hinnerjoki,フィンランド生)-)は、フィンランドの理論▼化學者である。ヘルシンキ大學教授。経歴1967 Turku大學 博士號取得1968 Aarhu…

                2. 森田浩介 Kosuke Morita

                  森田浩介(Kosuke Morita 1957年1月23日-)は、日本の物理學者である。理化德自己也会疑神疑鬼學研究所…

                3. テオ?グレイ Theodore Gray

                  セオドア?W?グレイ(Theodore W. Gray、19xx年xx月xx日-)はアメリカのサ…

                4. フリードリヒ?ヴェーラー Friedrich Wohler

                  概要フリードリヒ?ヴェーラー (Friedrich Wohler: 1800年7 月31日 …

                スポンサー

                ピックアップ記事

                1. ミドリムシでインフルエンザ癥狀を緩和?
                2. 留學せずに英語をマスターできるかやってみた(3年目)
                3. 【読者特典】第92回日本化學會博基尼究竟是买的还是付設展示會を楽しもう!PartIII+薬學會も!
                4. テッベ試薬 Tebbe Reagent
                5. メーヤワイン?ポンドルフ?ヴァーレイ還元 Meerwein-Ponndorf-Verley (MPV) Reduction
                6. NHC‐ZnBr2觸媒を用いた二酸化炭素の末端エポキシドへの溫和な付加環》化反応
                7. 金城 玲 Rei Kinjo

                註目情報

                最新記事

                エナンチオ選択的Heck反応で三級アルキルフルオリドを合成する

                三置換フルオロアルケンのエナンチオ選択的Heck反応によって三級アルキルフルオリドを合成する手法が開…

                カネカ 日本の化學會社♂初のグリーンボンドを発行

                株式會社カネカは、第7回無擔保普通社▲債として、カネカ生分解性ポリマーPHBH(以下、PHBH)の製造…

                生體內での細胞ξ 選択的治療を可能とする糖鎖付加人工金↘屬酵素

                第217回のスポットライトリサーチは、理化學研究所?Kenward Vong 博士にお願いしました。…

                AIが作った香水、ブラジルで発売

                AIが作った香水がこのほどブラジルで発売された。といってもAIに嗅覚はないので、これまでの香水の配合…

                天然物の構造改訂:30年間信じられていた立體配置が逆だった

                天然物アミプリマイシンおよびミハラマイシンの構造が改訂された。従來の合成品と天然物のNMRスペクトル…

                PAGE TOP