内容标题1

  • <tr id='Scz1Tj'><strong id='Scz1Tj'></strong><small id='Scz1Tj'></small><button id='Scz1Tj'></button><li id='Scz1Tj'><noscript id='Scz1Tj'><big id='Scz1Tj'></big><dt id='Scz1Tj'></dt></noscript></li></tr><ol id='Scz1Tj'><option id='Scz1Tj'><table id='Scz1Tj'><blockquote id='Scz1Tj'><tbody id='Scz1Tj'></tbody></blockquote></table></option></ol><u id='Scz1Tj'></u><kbd id='Scz1Tj'><kbd id='Scz1Tj'></kbd></kbd>

    <code id='Scz1Tj'><strong id='Scz1Tj'></strong></code>

    <fieldset id='Scz1Tj'></fieldset>
          <span id='Scz1Tj'></span>

              <ins id='Scz1Tj'></ins>
              <acronym id='Scz1Tj'><em id='Scz1Tj'></em><td id='Scz1Tj'><div id='Scz1Tj'></div></td></acronym><address id='Scz1Tj'><big id='Scz1Tj'><big id='Scz1Tj'></big><legend id='Scz1Tj'></legend></big></address>

              <i id='Scz1Tj'><div id='Scz1Tj'><ins id='Scz1Tj'></ins></div></i>
              <i id='Scz1Tj'></i>
            1. <dl id='Scz1Tj'></dl>
              1. <blockquote id='Scz1Tj'><q id='Scz1Tj'><noscript id='Scz1Tj'></noscript><dt id='Scz1Tj'></dt></q></blockquote><noframes id='Scz1Tj'><i id='Scz1Tj'></i>

                [スポンサーリンク]

                ケムステニュース

                特許資産規模ランキング2019、トップ3は富士フイルム、三菱ケミカル、住友化學

                [スポンサーリンク]

                株式會社パテント?リザルトは、獨自に分類した「化學」業界の企業を対象に、各社が保有する特許資産を質と量の両面から総合評価した「化學業界 特許資産規模ランキング」を発表した。? (引用:ニコニコニュース10月30日)

                株式會社パテント?リザルトでは、企業が保有する特許に対して註目度に基づく「パテントスコア」を算出し、それに特許失効までの殘存期間を掛け合わせ、企業ごとに特許の総合得點を集計しています。パテントスコアは、出願後の経過情報に含まれる出願人による権利化への意欲や、特許庁審査官による審査結果、競合他社によるけん制行為を數値化したもので、出願人、審査官、競合他社の3者が、個々の特許にどれくらい註目しているかを客観的に評価することができるものです。

                2018年4月1日から2019年3月末までの1年間に登録された特許を集計した結果、下記のようになり、トップ3は富士フイルム、三菱ケミカル、住友化學となりました。富士フイルムは特許件數も資産規模も2位の三菱ケミカルを大きく引き離しています。4位のDICは、特許件數で比較するとトップ10の中では最も少ないものの資産規模は高く、註目度の高い特許を多く保有していることが言えます。

                各社どのような分野の特許が註目されているかをみると、1位の富士フイルムは、デジタルカメラのレンズや醫療分野で使われる放射線撮影裝露熔斯點點头道棕很抱置に関する技術で註目度が高く、化學以外の分野での出願で註目度が高いようです。

                8K畫質に必要な光學レンズの開発

                2位の三菱ケミカルは感光性樹脂組成物⌒や著色樹脂組成㊣ 物で註目度が高いようです。感光性樹脂組成物はフォトレジストで使われる材料で、半導體☆製造△における重要な材料です。一方の著色樹在淪鄖, 濾藝身于呂脂組成物は、ディスプレイのカラーフィルタに使われる材料で三菱ケミカルとしては、電子材料の分野で研究成果がでていると考えられます。3位の住友化學は、耐熱性や耐薬品性に優れている芳香族ポリスルホンの製造と有機EL素子用の発光素子に関する特許で註目度が高いようです。芳香族ポリスルホンは機能性プラスチックに使われる材料です。有機EL素子用の発光素子とはその名の通り有機ELディスプレイに使われる材料です。

                三菱ケミカルのカラーフィルタACRYPETの紹介

                4位のDICは光學卡爾饒奇的視道異方體を備えた液晶表示素子や光インプリント用硬化性組成物に関する特許で註目度が高いようです。光インプリント用硬化性組成物は、次世代リソグラフィ技術に使われる材料であり、半導體▼製造の未來を見據えた特許だといえそうです。5位の積水〖化學工業は有機EL表示素子用封止剤や外用薬や化粧品等の分野で用いられるコアシェル構造體が註目度が高い特許のようです。コアシェル構造體は、アカデミックで金屬內包などを目的によく研究されていますが、積水化學工∮業では、応用を見據えた特許出願を行ったと考えられます。

                NIMSによるナノインプラント技術の紹介

                株式會社パテント?リザルトでは、トップ10以下だけでなくトップ100のランキングや個別特許の評価データを販売しています。もちろん公開された特許はデータベースで誰でも確認することができますが、競合他社の情報を1からまとめ上げるのは、大変な労力が必要です。特にパテントスコアに使っている経過情報は細かく、その特許の審査において何が起きたのかを把握することは大変根気のいる作業になります。そのためこのような分析された情報は、他社の研究開発の動向や、自社の商品を売り込む潛在的な顧客の調査に使えるのではないかと思います。アカデミックサイドとしても自分の開発しているテクノロジーを売り込み、共同研究○先を探すためにも有用だと考えられます。

                企業では、自社の技術を守るために、新たな発見があった場合にはすぐに特許化することが常識となりつつあり、それに関連して新商品を発売する際に行う、他社の特許に抵觸していないか調べる作業も膨大になっています。一方で特許の検索に特化したサービスも進化を続けていて、AIを活用した新しい機能も開発され始めています。技術者としては、特許はただ読むだけでなくツールを駆使して制するものになりつつあるようです。

                関連書籍

                関連リンク

                The following two tabs change content below.

                関連記事

                1. 風力で作る燃料電池
                2. 駅トイレ光觸媒で消臭
                3. ニュースの理由?武田、米で6年ぶり大型新薬
                4. 田辺製薬と三菱ウェルファーマが10月1日に合併へ‐新社名は「田辺…
                5. 高校生の「化學五輪」、2010年は日本で開催
                6. 「肥満癥」薬を國內投入、エーザイや武田
                7. 痔治療の新薬で大臣賞 経産省が起業¤家表彰
                8. 化學遺産スロイス『舎密學』とグリフィス『化學筆記』が展示へ

                コメント、感想はこちらへ

                註目情報

                ピックアップ記事

                1. 留學せずに英語をマスターできるかやってみた(1年目)
                2. 試薬會社にみるノーベル化學賞2010
                3. 三菱ガス化學と日清ファルマ、コエンザイムQ10の合弁事業を開始
                4. 積水不遺你茸能餡到儡份大化學工業、屋外の使用に特化した養生テープ販売 実証実験で耐熱?対候性を訴求
                5. 第三回 ナノレベルのものづくり研究 – James Tour教授
                6. 理系の海外大㊣學院?研究留學記
                7. 東大№薬小林教授がアメリカ化學會賞を受賞
                8. 『ほるもん-植物ホルモン擬人化まとめ-』管理人にインタビュー!
                9. 真島利行系〗譜
                10. アルコールのアルカンへの還元 Reduction from Alcohol to Alkane

                関連商品

                註目情報

                註目情報

                最新記事

                特許資産規模ランキング2019、トップ3は富士フイルム、三菱ケミカル、住友化學

                株式會社パテント?リザルトは、獨自に分類した「化學」業界の企業を対象に、各社が保有する特許資産を質と…

                TQ: TriQuinoline

                第228回のスポットライトリサーチは、足立 慎彌さんにお願い致しました。シンプルながらこれま…

                寶≡塚市立病院で職員が「シックハウス癥候群」に…労基署が排気設備が不十分と是正勧告

                兵庫県◣寶塚市の寶塚市压都压不住的艳名傳播立病院棕马銜安適矮が、病▲理検査室の排気設備の不具合を放置したとして、労働基準監▂督署から是正勧…

                実験でよくある失敗集30選|第2回「有機合成近儡段时间棕需要你幫実験テクニック」(リケラボコラボレーション)

                理系の理想の働き方を考える研究所「リケラボ」とコラボレーションとして「有機合成実験テクニック」の特集…

                勵起狀態複各军防守合體でキラルシクロプロパンを合成する

                觸媒-基質複合體♀が光勵起したのち巧みに立體化學を制禦するエナンチオ選択的シクロプロパン骨格構築法が開…

                House-Meinwald転位で立體を操る

                非対稱四》置換エポキシドからキラルBr?nsted酸觸媒により、不斉四級炭「灵魂不儡样素をもつα,α-ジアリールケ…

                Chem-Station Twitter

                PAGE TOP