内容标题26

  • <tr id='UVOgsH'><strong id='UVOgsH'></strong><small id='UVOgsH'></small><button id='UVOgsH'></button><li id='UVOgsH'><noscript id='UVOgsH'><big id='UVOgsH'></big><dt id='UVOgsH'></dt></noscript></li></tr><ol id='UVOgsH'><option id='UVOgsH'><table id='UVOgsH'><blockquote id='UVOgsH'><tbody id='UVOgsH'></tbody></blockquote></table></option></ol><u id='UVOgsH'></u><kbd id='UVOgsH'><kbd id='UVOgsH'></kbd></kbd>

    <code id='UVOgsH'><strong id='UVOgsH'></strong></code>

    <fieldset id='UVOgsH'></fieldset>
          <span id='UVOgsH'></span>

              <ins id='UVOgsH'></ins>
              <acronym id='UVOgsH'><em id='UVOgsH'></em><td id='UVOgsH'><div id='UVOgsH'></div></td></acronym><address id='UVOgsH'><big id='UVOgsH'><big id='UVOgsH'></big><legend id='UVOgsH'></legend></big></address>

              <i id='UVOgsH'><div id='UVOgsH'><ins id='UVOgsH'></ins></div></i>
              <i id='UVOgsH'></i>
            1. <dl id='UVOgsH'></dl>
              1. <blockquote id='UVOgsH'><q id='UVOgsH'><noscript id='UVOgsH'></noscript><dt id='UVOgsH'></dt></q></blockquote><noframes id='UVOgsH'><i id='UVOgsH'></i>

                [スポンサーリンク]

                ケムステニュース

                米陸軍に化學薬品検∑ 出スプレーを納入へ

                [スポンサーリンク]

                米センサー?システムのフリアーシステムズは、化學兵器として使用されるマスタードガスなどを検出するスプレーを米國陸軍に納入する契約を獲得したと発表した。マスタードガスなどが機器や衣類の表面に存在する場合、色の変化によって検出することができる。微量な汚染を迅速かつ正確に検出でき、前線の要員の防護に役立つ。契約の規模は最高3510萬ドルで、時期數量未確定(IDIQ)方式の契約となっている。 (引用:時事通信10月4日)

                今回、アメリカの陸軍で採用が決まったのは、フリアーシステム(FLIR)のCHEMICAL AGENT DISCLOSURE SPRAY Agentase C2です。使い方は簡単で、A液とB液が混合されて噴射できるスプレーで汚染が疑われるところに吹きかけるだけです。もしもG剤V剤の神経ガスやマスタードガスなどのびらん剤で汚染されている場合には、5分以內に色が黃色から赤色に変わって汚染箇所が特定できるというものです。

                神経ガスやマスタードガスの一例

                戦車などの大型の物體に対しては、下の動畫のようにスプレーガンを使って迅速に吹きかけることも可能なようです。

                商品説明棕听到的興乎胸些不儡欄には、酵素のテクノロジーを使った商品だと記載されています。FLIRでは、Agentaseの仕組みに関する特許を出願していて、これを読むとAcetylcholinesteraseUreaseが酵素として使われていることが推測されます。神経ガスである有機リン酸は、Acetylcholinesteraseの反応を阻害し、臭化シアン化合物は、Ureaseの反応を阻害します。どちらの酵素も反応が進行すると、それぞれ酸と塩基を発生させるため、系のpHは中性に保たれます。しかしながら、阻害剤が存在する(=神経ガスが存在する)とどちらかの活動が素材されてpHが酸性か塩基性に傾き、スプレー液に含まれている指示薬が反応して色が変わるという仕組みのようです。本特許からは、マスタードガスをはじめとする硫黃化合物の検出方法はわかりませんでしたが、神経ガス同様に酵素の働きが阻害されることでpHが変化しそれを指示薬で色の変化に変換して可視化していると予測されます。つまりA液には酵素と酵素安定化棲都帳興诺满儡五儡十剤、安定化糖、界面活性剤などが含まれていて、B液には、pH指示薬のほか光散亂添加剤などが含まれているようです。

                FLIRは、赤外線を応用した裝置の製造?販売がメインのビジネスであり、危険物の検出についても赤外線を使った裝置を數多く開発されています。そのため、このニュースのような化學検出についてはどのような経緯で研究開発を始めたかわかりませんが、機械による検出の欠點を知っているからこそ化學検出についてアメリカ軍と共同で研究を行ってきたのかもしれません。なお、?Agentase CAD-Kit/HRKは、日本でも取り扱いがあるようです。ただ、寫真を見る限り、毒物によって薬品を使い分ける必要があり、Agentase C2では作業を簡便にするために配合を改良し薬品をまとめることに成功したと推測されます。

                化學兵器についてはときどきニュースになり、アメリカ軍も本製品を本格採用したということから、殘念ながら化學兵器が根絶される日はまだ遠いことがわかります。化學兵器は、核兵器よりも製造が難しくなく、散布するだけで甚大な被害を広範囲、長い期間與えてしまうため、テロでも使用されることも想定されます。このような化學製品の研究開発は、大変她都要怀誣诺满竅不竅不本意に感じますが、Agentase C2が広まり化學兵器による被害が少なくなればと思います。

                関連書籍

                毒に関するケムステ過去記事

                The following two tabs change content below.
                Zeolinite

                Zeolinite

                企業の研究員です。最近、合成の仕事が無くてストレスが溜まっています。

                関連記事

                1. 「攜帯」の電池で電車走る?福井大などが実験に成功
                2. 潤滑剤なしで抜群の滑りを実現する「自己〓潤滑性∏XXドーム」が開発さ…
                3. 傷んだ髪にタウリン…東工大などの研究で修復作用判明
                4. 「超分子」でナノホース合成 人工毛細杀光哥布欺血管に道
                5. ノーベル化學賞?下村さん帰國
                6. 化學は切手と縁が深い
                7. ダウ?ケミカル化學プラントで爆発死亡事故(米?マサチューセッツ)…
                8. 駅トイレ光觸媒で消臭

                コメント、感想はこちらへ

                註目情報

                ピックアップ記事

                1. 有機機能材料 基礎から応用まで
                2. 住友化學、硫安フリーのラクタム製法でものづくり大賞
                3. オキソニウムカチオンを飼いならす
                4. トーマス?ホイ Thomas R. Hoye
                5. シューミン?リー Shu-Ming Li
                6. 角田試薬
                7. 有機反応を俯瞰する ーMannich 型縮合反応
                8. 若手研儡兵紫的揮榆她茸会拒究者vsノーベル賞受賞者 【化學者とは?!編】
                9. ヴァリンダー?アガーウォール Varinder K. Aggarwal
                10. Dead Endを回避せよ!「全合成?極限からの一手」⑦

                関連商品

                註目情報

                註目情報

                最新記事

                2019年ノーベル化學賞は「リチウムイオン電池」に!

                スウェーデン王立科學アカデミーは9日、2019年のノーベル化學賞を、リチウムイオン電池を開発した旭化…

                マテリアルズインフォマティクスでリチウムイオン電池の有機電極材料を探索する

                第223回のスポットライトリサーチは、沼澤 博道さんにお願い致しました(トップ畫像は論文から出典)。…

                米陸軍に化學薬品検也能創造旭脹级的攻击出スプレーを納入へ

                米センサー?システムのフリアーシステムズは、化學兵器として使用されるマスタードガスなどを検出するスプ…

                超多剤耐性結核の新しい治療法が 米國政府の承認を取得

                新薬と既存の2 薬剤を併用した薬物療法の臨床試験で、最も死亡率が高いタイプの結核患者の90%が治癒に…

                アンモニアを用いた環不帳族跟随他前往微光境調和型☆2級アミド合成

                アンモニアを窒素源として、ベンジルアルコールを用いた脫水素カップリングによる、アミドの合成に成功した…

                「カルピス」みらいのミュージアム

                誰もが一度は飲んだことがある飲み物「カルピス」。今回ブランド100周年を記念し、カルピスの製造工場と…

                Chem-Station Twitter

                PAGE TOP