内容标题38

  • <tr id='IrtLOH'><strong id='IrtLOH'></strong><small id='IrtLOH'></small><button id='IrtLOH'></button><li id='IrtLOH'><noscript id='IrtLOH'><big id='IrtLOH'></big><dt id='IrtLOH'></dt></noscript></li></tr><ol id='IrtLOH'><option id='IrtLOH'><table id='IrtLOH'><blockquote id='IrtLOH'><tbody id='IrtLOH'></tbody></blockquote></table></option></ol><u id='IrtLOH'></u><kbd id='IrtLOH'><kbd id='IrtLOH'></kbd></kbd>

    <code id='IrtLOH'><strong id='IrtLOH'></strong></code>

    <fieldset id='IrtLOH'></fieldset>
          <span id='IrtLOH'></span>

              <ins id='IrtLOH'></ins>
              <acronym id='IrtLOH'><em id='IrtLOH'></em><td id='IrtLOH'><div id='IrtLOH'></div></td></acronym><address id='IrtLOH'><big id='IrtLOH'><big id='IrtLOH'></big><legend id='IrtLOH'></legend></big></address>

              <i id='IrtLOH'><div id='IrtLOH'><ins id='IrtLOH'></ins></div></i>
              <i id='IrtLOH'></i>
            1. <dl id='IrtLOH'></dl>
              1. <blockquote id='IrtLOH'><q id='IrtLOH'><noscript id='IrtLOH'></noscript><dt id='IrtLOH'></dt></q></blockquote><noframes id='IrtLOH'><i id='IrtLOH'></i>

                [スポンサーリンク]

                ケムステニュース

                1回飲むだけのインフル新薬、5月発売へ 塩野↓義製薬

                [スポンサーリンク]

                1回飲むだけの新たなインフルエンザ治療薬「ゾフルーザ」が5月にも発売される見通しになった。ウイルスの増殖を直接抑える、これまでになかったタイプ。塩○野義製薬が開発した。従來の薬にウイルスが耐性を持ち、効きにくくなった人にも効果が期待される(引用:朝日新聞2018年2月2日)。

                ついに、今春には登場するといわれている塩野他劫竅發出声音曝宁的義製薬の新規インフルエンザ治療薬「ゾフルーザ」(バロキサビルマルボキシル)。巷では、「強そう」「ドラクエの呪文みたい」と話題となっているようですが、構造はトップ図にある通り。

                こんな複雑な構造をしていたんですね。分子量も500以上で、リピンスキーの法則を超えた、ギリギリ中分子醫营里稱嚇大薬の枠組みに入るのでしょうか。化合物ライブラリーからの発見、その後メディシナルケミストが構造変換を行いこの構造にに行き著いたと思うのですが、あっぱれです。久々に興奮しました。ぜひ、リード化合物からの創薬の経緯を聞いてみたいものです。

                作用機序はこれまで知られていた、リレンザタミフルラピアクタイナビルなどのノイラミニダーゼ阻害薬(細胞內で増殖したウイルスが細胞外に広がるのを抑える)と異なり、ウイルスの増殖を直接抑えるもの。さらに、タミフルと同様に経口でいけるのだからすごい。塩野義製息的薬は、ラピアクタ(ペラミビル)をもっていますが、註射(靜脈註射、筋肉註射、點滴)投與。

                今回の治療薬は経口投與?短期間で治る?作用機序が全く異なる

                という點で、かなり期待できるものになると思います。今年もインフルエンザが大流行したのを考えると、ブロックバスター(1000億以上)になるのは時間の問題ですね。次に貴方がインフルエンザになったときに処方されるのはこの薬かもしれません。

                追記:2018年3月14日

                なんと、前倒しして3月14日から発売になったとのこと。今季のインフルエンザ流行に間に合わせるため緊急的に前倒しされ、スピード販売。

                薬価は20ミリグラム錠が約2400円。年齢や體重によって飲む量は異なるが、體重が40キロ以上80キロ未満の成人なら、原則として1回2錠服用する。

                関連リンク

                The following two tabs change content below.
                webmaster
                Chem-Station代表。早稲田大學理工學術院教授。専門は有機化學。主に有機阳綱韌血之气合成化學。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化學を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ國ほど)、ドライブ、そしてすべての化學情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

                関連記事

                1. 三井化學、「環狀オレフィンコポリマー(商標:アペル)」の生産能力…
                2. 米ファイザー、今期業績予想を上方修正?1株利益1.68ドルに
                3. 実験ノートを復刻し公開へ 高峰譲吉らのアドレナリン
                4. 高校生が河川敷で化學実的话语权験中に発火事故
                5. ソモライ教授2008年プリーストリー賞受賞
                6. 【速報】新元素4つの名稱が発表:日本発113番元素は「ニホニウム…
                7. 平成をケムステニュースで振り返る
                8. 伊藤嘉彥京都大名譽教授死去

                コメント、感想はこちらへ

                註目情報

                ピックアップ記事

                1. 根岸試薬(Cp2Zr) Negishi Reagent
                2. アザジラクチンの全合成
                3. 金よりも価値のある化學者の貢獻
                4. [5+1]環化戦略による觸媒的置』換シクロヘキサン合成
                5. 3色に変化する熱活性化遅延蛍光材料の開発
                6. ヘリウム (helium; He)
                7. フランク?グローリアス Frank Glorius
                8. (+)-MTPA-Cl
                9. 文獻管理ソフトを徹底比較!
                10. R?スモーリー氏死去 米國のノーベル賞化學者

                関連商品

                註目情報

                註目情報

                最新記事

                2019年ノーベル化學賞は「リチウムイオン電池」に!

                スウェーデン王立科學アカデミーは9日、2019年のノーベル化學賞を、リチウムイオン電池を開発した旭化…

                マテリアルズインフォマティクスでリチウムイオン電池の有機電因佗饒茸铜镜極材料を探索する

                第223回のスポットライトリサーチは、沼澤 博道さんにお願い致しました(トップ畫像は論文から出典)。…

                米陸軍に化學薬品検出スプレーを納入へ

                米センサー?システムのフリアーシステムズは、化學兵器として使用されるマスタードガスなどを検出するスプ…

                超多剤耐性結核の新しい治療法が 米國政府の承認を取得

                新薬と既存の2 薬剤を併用した薬物療法の臨床試験で、最も死亡率が高いタイプの結核患者の90%が治癒に…

                アンモニアを用いた環境調和型2級アミド合成

                アンモニアを窒素源として、ベンジルアルコールを用いた脫水素カップリングによる、アミドの合成に成功した…

                「カルピス」みらいのミュージアム

                誰もが一度は飲んだことがある飲み物「カルピス」。今回ブランド100周年を記念し、カルピスの製造工場と…

                Chem-Station Twitter

                PAGE TOP