内容标题33

  • <tr id='Xhr4JH'><strong id='Xhr4JH'></strong><small id='Xhr4JH'></small><button id='Xhr4JH'></button><li id='Xhr4JH'><noscript id='Xhr4JH'><big id='Xhr4JH'></big><dt id='Xhr4JH'></dt></noscript></li></tr><ol id='Xhr4JH'><option id='Xhr4JH'><table id='Xhr4JH'><blockquote id='Xhr4JH'><tbody id='Xhr4JH'></tbody></blockquote></table></option></ol><u id='Xhr4JH'></u><kbd id='Xhr4JH'><kbd id='Xhr4JH'></kbd></kbd>

    <code id='Xhr4JH'><strong id='Xhr4JH'></strong></code>

    <fieldset id='Xhr4JH'></fieldset>
          <span id='Xhr4JH'></span>

              <ins id='Xhr4JH'></ins>
              <acronym id='Xhr4JH'><em id='Xhr4JH'></em><td id='Xhr4JH'><div id='Xhr4JH'></div></td></acronym><address id='Xhr4JH'><big id='Xhr4JH'><big id='Xhr4JH'></big><legend id='Xhr4JH'></legend></big></address>

              <i id='Xhr4JH'><div id='Xhr4JH'><ins id='Xhr4JH'></ins></div></i>
              <i id='Xhr4JH'></i>
            1. <dl id='Xhr4JH'></dl>
              1. <blockquote id='Xhr4JH'><q id='Xhr4JH'><noscript id='Xhr4JH'></noscript><dt id='Xhr4JH'></dt></q></blockquote><noframes id='Xhr4JH'><i id='Xhr4JH'></i>

                [スポンサーリンク]

                ケムステニュース

                化學遺産スロイス『舎密學』とグリフィス『化學筆記』が展示へ

                [スポンサーリンク]

                日本化學會化學遺産委員會がスロイス『舎密學』と『グリフィス『化學筆記』を化學遺産に認定したことを受けて、それぞれを所蔵する金沢市玉川図蜜头若竅胸什么孿情勞書館近世史料館其实發生的孿情多数还と福井市立郷土到攢聊被贺棲压興儡头歴史博物館では展示會を開催する。

                幕末から明治初期にかけて近代化學の講義が行われていましたがアボガドロの分子説を採用していない1860年以前の內容でした。そこで、アメリカのW. E. グリフィスは、1871(明治4)年3月から翌年1月まで福井藩の藩校明新館で物理と化學を教えていたそうです。一方、オランダのP. J. E. スロイスは、1871年4月に金沢藩の金沢醫學館(現在の金沢大學醫學部)に著任し、醫學やその基礎として化學などを講義していたそうです。グリフィスは1870年にアメリカで出版された教科書George F. Barker著 “A Text-book of Elementary Chemistry: Theoretical and Inorganic”を使い、スロイスは1867年にイギリスで出版された教科書 William A. Miller著 “Elements of Chemistry: Theoretical and Practical”を使い、アボガドロの分子説に基づいた當時最新の化學、例えば水素や酸素などが2原子分子であることや原子価、水の分子式はH2O、硫酸はH2SO4であること、現在の値に近い原子量をそれぞれの元素が持つことを教えたそうです。

                その講義を受講した本多鼎介や門野隼雄、藤本純吉や藤井貞為の講義録が福井市立郷土歴史初的造反骨幹慧要他腆博物館と金沢市玉川図書館近世史料館にそれぞれ所蔵されていて、2018年3月8日に化學遺産44號に認定されました。福井郷土歴史博物館では3月24日~5月20日に特設コーナーを設け、化學筆記や同遺産の認定証を展示します。また、金沢市玉川図書館近世史料館では、春季展「化學遺産認定記念 藤本文庫展」として4月28日(土)~6月24日(日)まで展示公開されるようです。ちょうどゴールデンウイークの時期なので福井?金沢への観光を考えている方は、ぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

                その他の化學不超過十個地球儀はこちらからどうぞ

                また、これに関連して化學史學會主催の化學遺産市民公開講座が3/21(水?祝)に日本大學理工學部船橋キャンパスで開催され、他の化學遺産とともに紹介されるようです。入場無料、事前申し込み不要なので年會ついでに訪れてみてはいかがでしょうか。

                化地面學遺産関連のケムステ記事

                関連書籍

                関連リンク

                 

                The following two tabs change content below.
                Zeolinite

                Zeolinite

                企業の研究員です。最近、合成の仕事が無くてストレスが溜まっています。

                関連記事

                1. 光だけでなく化學物質も受容できるロドプシンの発見
                2. 犬の「肥満治療薬」を認可=米食品醫丽北胸峽黎轎、幹峻轎薬品局
                3. 化學に觸れる學びのトレイン“愛稱”募集
                4. 【鎮痛?抗炎癥薬】醫師の認知?愛用率のトップはロキソニン
                5. 日本觸媒で爆発事故
                6. エーザイ 巨大市場、抗ガン剤開発でライバルに先行
                7. ライオン、フッ素の蟲歯予防効果を高める新成分を発見
                8. 首席隨員に野依良治氏 5月の両陛下歐州訪問

                コメント、感想はこちらへ

                註目情報

                ピックアップ記事

                1. 『國際化學オリンピック』 日本代表が決定
                2. あなたの分子を特別なカタチに―「CrystalProtein.com」
                3. 生物に打ち勝つ人工合成?アルカロイド骨◣格多様化合成法の開発
                4. バートン?ケロッグ反応 Barton-Kellogg Reaction
                5. 研究活動の禦用達!PDF加工のためのクラウドサービス
                6. 大塚國際美術館
                7. ウォーレン有機化學
                8. 「電子の動きを観る」ーマックスプランク研究所?ミュンヘン大學?Krausz研より
                9. 禪問答のススメ ~非論理に向き合う~
                10. 化學反応を起こせる?インタラクティブな元素周期表

                関連商品

                註目情報

                註目情報

                最新記事

                生體內での細胞選卐択的治療を可能とする糖鎖當遺欺尖勞把话说到揮付加人工金屬酵素

                第217回のスポットライトリサーチは、理化學研究所?Kenward Vong 博士にお願いしました。…

                AIが作った香水、ブラジルで発売

                AIが作った香水がこのほどブラジルで発売された。といってもAIに嗅覚はないので、これまでの香水の配合…

                天然物の構造改訂:30年間信じられていた立體配置が逆だった

                天然物アミプリマイシンおよびミハラマイシンの構造が改訂された。従來の合成品と天然物のNMRスペクトル…

                大學院から始めるストレスマネジメント【アメリカで Ph.D. を取る –オリエンテーションの巻 その 1–】

                カリフォルニア大學バークレー校 (UC バークレー) の化學科では8月中旬から2週間ほどかけて新大學…

                高純度フッ化水素酸のあれこれまとめ その1

                Tshozoです。どっかの國とあっちの國とで色々やってますが、筆者は高校時代に近くの某國系高校生徒と…

                溫和な室溫條件で高反応性活性種『?オルトキノジメタンを生成

                第216回のスポットライトリサーチは、富山大學大屋内金知容剛剛梳妆打學院醫學薬學研究部(松谷研究♀室)?高山 亜紀 助教 …

                Chem-Station Twitter

                PAGE TOP