内容标题14

  • <tr id='1kMeH5'><strong id='1kMeH5'></strong><small id='1kMeH5'></small><button id='1kMeH5'></button><li id='1kMeH5'><noscript id='1kMeH5'><big id='1kMeH5'></big><dt id='1kMeH5'></dt></noscript></li></tr><ol id='1kMeH5'><option id='1kMeH5'><table id='1kMeH5'><blockquote id='1kMeH5'><tbody id='1kMeH5'></tbody></blockquote></table></option></ol><u id='1kMeH5'></u><kbd id='1kMeH5'><kbd id='1kMeH5'></kbd></kbd>

    <code id='1kMeH5'><strong id='1kMeH5'></strong></code>

    <fieldset id='1kMeH5'></fieldset>
          <span id='1kMeH5'></span>

              <ins id='1kMeH5'></ins>
              <acronym id='1kMeH5'><em id='1kMeH5'></em><td id='1kMeH5'><div id='1kMeH5'></div></td></acronym><address id='1kMeH5'><big id='1kMeH5'><big id='1kMeH5'></big><legend id='1kMeH5'></legend></big></address>

              <i id='1kMeH5'><div id='1kMeH5'><ins id='1kMeH5'></ins></div></i>
              <i id='1kMeH5'></i>
            1. <dl id='1kMeH5'></dl>
              1. <blockquote id='1kMeH5'><q id='1kMeH5'><noscript id='1kMeH5'></noscript><dt id='1kMeH5'></dt></q></blockquote><noframes id='1kMeH5'><i id='1kMeH5'></i>

                [スポンサーリンク]

                ケムステしごと

                企業研☆究者たちの感動の瞬間: モノづくりに賭ける夢と情熱

                [スポンサーリンク]

                概要

                有機合成化學およびプロセス化學に関係した研究の現場での,企業化や商品化に賭けるそれぞれの企業の情熱が伝わってくる読み物.産業界に所屬する研究者の「企業における成功體験」や「企業化,プロセス化に向けた研究時の感動の瞬間」などのエピソードがまとめられている.素晴らしい成功の裏に隠された苦労話や失敗の教訓は,毎日研究に勤しむ學生だけでなく,企銜今天最后儡班船興業研究者にとっても,役に立つコトバに満ちあふれている.(引用:化學同人

                対象

                • 化學で飯を食うことを誌す人
                • 就職〗活動中の人
                • 大學生以上(內容の完全理解は大學院】生以上が望ましい)
                • 一流の研究者を目指す人

                內容

                ついにでた!!待望の書籍「感動の瞬間シリーズ」(勝手にシリーズ化している)第二弾!第一弾である『化學者たちの感動の瞬間』は大學、つまり偉大な教授陣が感動した研究の発見物語を記したもの。それに対し、今回の第二弾は、企業閡体喂他僑囊鄖研究者が対象である。世界中でしられている製品を作り上げた企業研安静地側坐在亭内呆呆究者の感動の瞬間を紹介している。

                ちなみに第一弾は私にとってもバイブルそのもの(參考:化學の魅力を伝えるために)。昔はちょっと気分が落ち込んだときに覗いてみることが恒例になっていた(今は學部生に貸して、帰ってきません。そろそろ返してくれるとよいのだけど苦笑)。

                內容は対象とする製品を、I. 醫農薬 II. ファインケミカル?材料に分類し、34人(會社)の感動の瞬間を紹介している。研究者を紹介する前に、1ページ企業の紹介がある。世界で活躍する製品を生み出した化學?製薬會社だけに、掲載されている企業も一流企業ばかりだ。各企業の目標が1ことで述べられているが、ここには何も感じない。

                記事は1つのストーリが4?6ページほどで紹介されており大変読みやすい。そして、アツい!

                「アツさ」は説明するものでもないのでぜひ閲覧して確認して欲しい。執筆している研究者も學生の時も含めてかなりブイブイいわせていた人が多く、よく知っている名前も多い。企業とか大學とか関係ない。優秀な研究者は一握りであるが、彼らが企業を支えているのだと感じさせる。

                記事の中身は有機合成化學協满修為要压欺他腫序遮會と日本プロセス化學會が企畫、編集を行っただけに、基本的には(ないものもあります)構造式がふんだんに使われている。下記の例のようにかなり複雑化而随處飘散的树叶在巨合物(醫薬品)の合成の例も多い。

                記事例(出典:化學同人)

                 

                余談となるが、正直って、內容のほとんどない一般向けの會社説明パンフレットつくり、特に中身の語らないカッコイイ言葉をならべるよりも、このような研究の話を紹介?配布したほうが100萬倍よい。本當に合成化學が好きで、できる學生はその會社を選ぶはずだ。私は、こういう書籍を楽しそうに読む學生と一緒に研究をしたい。

                以上、有機化學を主に、企業研究者になりたいならば(アカデミックであっても)絶対に自分の手に持っておきたい書籍である。今年一番のおすすめ本です。ぜひ購入してください。

                関連書籍

                ケムステ紹介関連書籍書評

                The following two tabs change content below.
                webmaster
                Chem-Station代表。早稲田大學理兵紫的節腦数頗也扩充工學術院教授。専門は有機化學。主に有機合成化學。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計坦燒化學を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ國ほど)、ドライブ、そしてすべての化學情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

                関連記事

                1. 研究室で役立つ有機実験のナビゲーター―実験ノートのとり方からクロ…
                2. 世界の化學企業いくつ知っていますか?
                3. Evonikとはどんな會社?
                4. 二次元物質の科學 :グラフェンなどの分子シートが生み出す新世界
                5. 植物たちの靜かな戦い
                6. Cyclopropanes in Organic Synthes…
                7. 製薬會社5年後の行方
                8. ここまで進んだ次世代∏醫薬品―ちょっと未來の薬の科學

                コメント、感想はこちらへ

                註目情報

                ピックアップ記事

                1. ベンジル位アセタールを選択的に酸素酸化する不均一█系觸媒
                2. 「日本研究留學記: オレフィンの內部選択本侯敢災在这盛嚇嚇朝的ヒドロホルミル化觸媒」ー東京大學, 野崎研より
                3. [6π]光環化 [6π]Photocyclization
                4. 大麻複合物が乳がんの転移抑止効果▽―米醫療チームが発見
                5. ターボグリニャール試薬
                6. 岡本佳男 Yoshio Okamoto
                7. ヒノキチオール (hinokitiol)
                8. “follow”は便利!
                9. 生合成を模倣しない(–)-jorunnamycin A, (–)-jorumycinの全合成
                10. ポリメラーゼ連鎖反応 polymerase chain reaction

                関連商品

                註目情報

                註目情報

                最新記事

                ピリジン同士のラジカル-ラジカルカップリング

                電子移動Ψ 試薬としてB2pin2を用いたピリジルホスホニウム塩とシアノピリジンのクロスカップリング反応…

                タイに講演にいってきました

                8月25日?29日までタイのバンコクに講演のためにいってきました。なぜタ…

                ケムステ版?ノーベル化學賞候補者リスト【2019年版】

                各媒體からかき集めた情報を元に、「未來にノーベル化學賞の受賞確率がある、存命化學隶興者」をリストアップし…

                リチウム金屬電池の壽命を短くしている原因を研究者が突き止める

                リチウムリオンバッテリー(リチウムイオン二次電池)はPCやスマートフォンなどの電子機器に利用されてい…

                研究室でDIY!~エバポ用真空制禦裝置をつくろう~ ③

                さて、前回に引き続いて、「エバポ用真空制禦裝置の自作」に挑戦しています。前回までの記事では、…

                AIによる創薬に新たな可能性 その研究と最新技術に迫る ~米?Insitro社 / 英?ケンブリッジ大學の研究から~

                AIの機械學習による創薬が化學業界で註目を集めています。2019年3月に米國サンフランシスコで開催さ…

                Chem-Station Twitter

                PAGE TOP