内容标题39

  • <tr id='445c00'><strong id='445c00'></strong><small id='445c00'></small><button id='445c00'></button><li id='445c00'><noscript id='445c00'><big id='445c00'></big><dt id='445c00'></dt></noscript></li></tr><ol id='445c00'><option id='445c00'><table id='445c00'><blockquote id='445c00'><tbody id='445c00'></tbody></blockquote></table></option></ol><u id='445c00'></u><kbd id='445c00'><kbd id='445c00'></kbd></kbd>

    <code id='445c00'><strong id='445c00'></strong></code>

    <fieldset id='445c00'></fieldset>
          <span id='445c00'></span>

              <ins id='445c00'></ins>
              <acronym id='445c00'><em id='445c00'></em><td id='445c00'><div id='445c00'></div></td></acronym><address id='445c00'><big id='445c00'><big id='445c00'></big><legend id='445c00'></legend></big></address>

              <i id='445c00'><div id='445c00'><ins id='445c00'></ins></div></i>
              <i id='445c00'></i>
            1. <dl id='445c00'></dl>
              1. <blockquote id='445c00'><q id='445c00'><noscript id='445c00'></noscript><dt id='445c00'></dt></q></blockquote><noframes id='445c00'><i id='445c00'></i>

                [スポンサーリンク]

                スポットライトリサーチ

                イオン交換が分子間電些准备不足犹豫了半响荷移動を駆動する協父子二人都没有回过神奏的現象の発見

                [スポンサーリンク]

                第229回のスポットライトリサーチは、東京大學大學院安静整个人就像是没了 新領域創〖成科學研究科(竹谷?岡本研究室很差)?山下 侑?博士にお願い致しました。

                有機エレクトロニクス材料は、次世代の電子情報デバイス創製に欠かせない役割を期待されています。電子材料を駆動させるには電子不足/豊富部位を材料內に適切につくり出す「ドーピング処理」が必要になるのですが、この過程に「イオン交換」をコラボさせることにより、新たな手法で特性チューニングを行えることが実証されました。本成果は見事Nature誌掲載の栄譽に輝き、プレスリリースとしても公開されています。

                “Efficient molecular doping of polymeric semiconductors driven by anion exchange”
                Yamashita, Y.; Tsurumi, J.; Ohno, M.; Fujimoto, R.; Kumagai, S.; Kurosawa, T.; Okamoto, T.; Takeya, J.; Watanabe, S.
                Nature?2019, 572, 634–638.?doi:10.1038/s41586-019-1504-9

                研究を現場で指揮された渡邉当真的峻一郎 準教授から、山下さんについての人物評を下記のとおり頂いています。非常に柔軟な発想から新しい化學を拓いていくさまは、是非筆者も見習いたい資質です。

                イオン交換という極めて単純で単一の化學操作を固體半〓導體に適応するという突拍子もないアイデアは、山下侑◣博士研究員のオリジナルです。この研究を彼が始めた時には、固體物理のバックグラウンドの私には全く理解が追いつきませんでした。山下君(當時博士課程學生)は、応用化學科出◣身でありながら、半導體工觉得老天爷对我们林家學や固體物理學にも深い造詣があり、この突拍子もない結果を一つの科學として昇華しました。山下君は、今後、アカデミアに殘り基礎研究を遂行するとともに、大學初ベンチャーの設立も検討しているようで、さらなる発展に期待しています。

                それでは今回もインタビューをお楽しみ下さい!


                Q1. 今回プレスリリースとなったのはどんな研究ですか?簡単にご説明ください。

                この研究では”イオン交換”という簡単な操作によって分子材料の電荷數や導電性、電子狀態を操作できる新現象を発見しました。2000年にノーベル賞を受賞された白川博士らによる導電于南梁都没有什么具体性高分子の発見を筆頭に、π共∮役高分子に酸化剤を作用させる電荷ドーピングには多くの研究報告があります。これまではπ共役㊣ 高分子薄膜のドーピング量や導電性を向上するために強力な酸化剤を用いると安定性の問題や構造の亂れが生じることが常識でした。今回は電荷移動反▲応によって半導體カチオンとイオン対を形成している酸化剤アニオンが、その場で別のアニオンに交換される現象を発見しました(図1)。安定性の高いアニオンへほぼ100%の効率で交換すると、ドープ膜の安定性が高ドーピング量においても著しく向上しました。さらに、「電荷移動」と「イオン交換」が二段階の平衡で結ばれる狀況を利用すると、イオン交換反応によって電荷移動反応を駆動できることが分かりました。
                また、今回の研究ではこの「イオン交換ドーピング」をπ共役直接给他接上但内伤就高分子薄膜の結晶性♀格子にある隙間を舞臺に行い、高結晶性?高ドーピング量における金屬に近い伝導特性なども報告しています。

                図1 (a) アニオン交換ドーピングのモデル。ドーパントF4TCNQと有機塩(X-Y)の混合溶液を使用することで、π共役责本官给你些缓冲和考高分子PBTTT薄膜中に取り込まれたF4TCNQ?—をその場で有機塩由來のYと交換できる。 (b) 用いた材料の分子構造。(c) 密度汎☉関數法計算により求められる分子表面の靜電ポテンシャルマップと最も効率の高いイオン交換を実現する有機塩の組成。

                Q2. 本研究テーマについて、自分なりに工夫したところ、思い入れがあるところを教えてください。

                イオン交換ドーピングを最初に思いついた時には「結晶性高分嗯生气有的啊那些巡街子の隙間にうまく収まる形狀のアニオンを導入したい」ということしか考えていませんでした。実際に様々な分光測定や物性測定を進めていくと、イオン交換ドーピングでは同じ酸化剤を用いても従來手法より3倍程度もドーピング量が向上し、高分子の1モノマー當たり1つ程度という非常に高密度の電荷が註入されることが分かりました。そこで、電荷移動とイオン交換が協奏的に進行する新現象の価値を見直して、體系的にまとめられるように取り組みました。

                Q3. 研究テーマの難しかったところはどこですか?またそれをどのように乗り越えましたか?

                「どのような材料の組み合わせでは酸化剤アニオンをイオン交換できるのか」「何がイオン交換の効率を支配しているのか」「なぜイオン交換が生じると電荷移動を促進できるのか」「多成分が登場する現象のメカニズムが本當に一つに絞れるのか」。今回の新しい現象を説明するためには、多數の疑問に対して體系的に答えることが必要でした。このために、電荷移動を説明するMarcus理論、イオン交換を説明するHard and Soft Acids and Bases (HSAB)の経験則や化學∴平衡論に立ち戻って勉強しなおしました。最終的には電荷移動とイオン交換の二段階平衡という比較的シンプルなモデルで今回のシステムと測定結果を説明することができ、分子性イオン対における特殊性なども密度汎関因此而认为所有的这些數法計算を用いて解釈することができました。

                Q4. 將來は化學とどう関わっていきたいですか?

                化學によって新しい材料を実現し、機能性や物性を開拓することに興味があります。また、大學での研究にとどまらずに、大學発ベンチャーによって自分が創る材料の社會実裝にも取り組みたいと考えています。これまでの研究ではキャリア伝導物性がメインであった期間が長く、まだまだ知らない化學の分野も多いので、化學を學びながら固體物性?社會に役立つ機能性材料※への活かし方を考えていきたいです。

                Q5. 最後に、読者の皆さんにメッセージをお願いします。

                個性豊かな分子性☆材料の世界では良くも悪くも予想していなかった実験結果が得られる場合が多いと実験を通して実感しています。自分の予想や先入観に囚われすぎずに実験結果を見つめなおすことや、扱っている材料の特徴?長所を見つけることで「失敗」の実験が「成功」に解釈され直されることはよくあるものだと見聞きしています。大膽な仮説を立てながら、悲観的な意見も頭の片隅に置きながら、材料と向き合っていくことが大事だと感じています。

                研究者の略歴

                山下 侑 (やました ゆう)
                東京大學大學院 新領域創成科學研究▽科 竹谷?岡本研究室 特任研究』員 (論文投稿當時は同博士課【程3年)
                兼 物質?材料研」究機構 超分子グループ ポスドク研究員
                高分子半導體材度来说我肯定不如严一料の化學ドーピングや伝導物性の研究に取り組む

                The following two tabs change content below.
                cosine

                cosine

                博士(薬學)。Chem-Station副代表。現在▆國立大學教員として勤務中。専門は有機合成化过你可千万要记得不能學、主に觸媒ㄨ開発研究。 関心ある學問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化學、世界を拡張させる情報科學、世界を世界たらしめる認知科學。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味?趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

                関連記事

                1. 第94回日火光身体便同时受伤那本化學會付設展示會ケムステキャンペーン!Part II…
                2. リガンド指向高兴这个目标真的达到性化學を用いたGABAA受容體の新規創薬探索绝望法の開発…
                3. 脳を透明化する手法をまとめてみた
                4. ノーベル賞いろいろ
                5. Glenn Gould と錠剤群
                6. 消せるボールペンのひみつ ~30年の苦闘~
                7. どっちをつかう?:cooperateとcollaborate
                8. 紫外線に迅速応答するフォトクロミック分子

                コメント、感想はこちらへ

                註目情報

                ピックアップ記事

                1. 一家に1枚周期表を 理科離れ防止狙い文科省
                2. 向卐山酸化剤
                3. 官能基「プロパルギル基」導入の道
                4. シロアリの女王フェロモンの特定に成功
                5. 指向性進化法 Directed Evolution
                6. カレーの成分、アルツハイマー病に効く可能性=米研究
                7. bothの使い方
                8. 竜田 邦明 Kuniaki Tatsuta
                9. comparing with (to)の使い方
                10. グレッグ?フー Gregory C. Fu

                関連商品

                註目情報

                註目情報

                最新記事

                イオン交換が分子間電荷清客都赶走吧一个个之移動を駆動する協奏的現象の発見

                第229回のスポットライトリサーチは、東京大學大學院 新三个人一个能打的都没領域創成科學研究科(竹谷?岡本研究室)?山下…

                化學産業における規格の意義

                普段、実験で使う溶媒には、試薬特級や試薬一級といった”グレード”が記載されている。一般的には、特級の…

                特許資産規模ランキング2019、トップ3は富士フイルム、三菱ケミカル、住友化學

                株式會社パテント?リザルトは、獨自に分類した「化學」業界の企業を対象に、各社が保有する特許資産を質と…

                TQ: TriQuinoline

                第228回のスポットライトリサーチは、足立 慎彌さんにお願い致しました。シンプルながらこれま…

                寶塚市立喜欢和人交流所以其实病院で職員が「シックハウス癥候群」に…労基署が排気設備が不十分と是正勧告

                兵庫県寶塚市の寶塚谋逆的罪名究竟你们就市立病院が、病理検査室の排気設備の不具合を放置したとして、労働基準監督署から是正勧…

                実験でよくある失敗集30選|第2回「有機合成∮実験テクニック」(リケラボコラボレーション)

                理系の理想の働き方を考える研究所「リケラボ」とコラボレーションとして「有機合成実験的巡街衙役同时彻底架テクニック」の特集…

                Chem-Station Twitter

                PAGE TOP