内容标题18

  • <tr id='9muvfM'><strong id='9muvfM'></strong><small id='9muvfM'></small><button id='9muvfM'></button><li id='9muvfM'><noscript id='9muvfM'><big id='9muvfM'></big><dt id='9muvfM'></dt></noscript></li></tr><ol id='9muvfM'><option id='9muvfM'><table id='9muvfM'><blockquote id='9muvfM'><tbody id='9muvfM'></tbody></blockquote></table></option></ol><u id='9muvfM'></u><kbd id='9muvfM'><kbd id='9muvfM'></kbd></kbd>

    <code id='9muvfM'><strong id='9muvfM'></strong></code>

    <fieldset id='9muvfM'></fieldset>
          <span id='9muvfM'></span>

              <ins id='9muvfM'></ins>
              <acronym id='9muvfM'><em id='9muvfM'></em><td id='9muvfM'><div id='9muvfM'></div></td></acronym><address id='9muvfM'><big id='9muvfM'><big id='9muvfM'></big><legend id='9muvfM'></legend></big></address>

              <i id='9muvfM'><div id='9muvfM'><ins id='9muvfM'></ins></div></i>
              <i id='9muvfM'></i>
            1. <dl id='9muvfM'></dl>
              1. <blockquote id='9muvfM'><q id='9muvfM'><noscript id='9muvfM'></noscript><dt id='9muvfM'></dt></q></blockquote><noframes id='9muvfM'><i id='9muvfM'></i>

                [スポンサーリンク]

                一般的な話題

                アンモニアの安全性あれこれ

                [スポンサーリンク]

                アンモニア利用で管理は重要な事項ですが、「臭いし、たくさん吸い込んだらやばそう」ってイメージくらいしか筆者にもなかったので、一緒にちょこっと詳しく見てみましょう。

                吸ったらどうなるのっていう健康への有害性、それから安定性すなわち可燃性はどんなものなのでしょうか。

                健康への影響について 社會的◣受容度

                アンモニア水そのまんまで普通に購入することができるレベルのものは

                こちら より

                 

                ですね。10w/v%程度です。蟲刺されや気付け薬などの用途があります。この濃度なら、すでに社會的な赦しと同意を得られているという言い方もできるでしょう。

                米國內にはアンモニアのパイプラインが整備されており、全長は3000?以上にもなるそうです。このパイプラインは安全かつ低コストだと言われていますが、

                このブログ より こちらオクラホマ州の都市タルサ(Tulsa)の化學情報を批判的に発信するサイトのようです

                 

                この図の赤い方のパイプラインを持つMagellan Midstream Co が今年の一月末に、「2019年末には1100?に及ぶパイプラインの商用運用をやめる」と発表しています。ソース。profitabilityの問題だとしていますが、何十年も前につくったものなので維持管理の問題や、需要の問題ということですね。もしかしたらアンモニアパイプラインの安全性に懐疑的な國民たちからのアレもあるのかもしれませんが、筆者がむしろこの辺のことをご教授いただきたいところです。

                さて、アンモニアの許容濃度は25ppm(厚生労働省より)とされております。二酸化卐炭素は大気中に400ppmくらいありますから、そういうスケールです。徹底した管理が必要です。

                 

                燃料として

                燃料としての観點から見てみましょう。

                環境に対する安全性は想像の通り、ばっちりです。というのも分解しても窒素と水素しか出さないですからね。(なんてったって炭素もってないわけですから)

                引火點は132℃と高めです。メタンで-188℃、プロパンで-104℃、ガソリンで-40℃とかです。

                発火點も651℃と高めで、メタン、プロパン、ガソリンの順で537℃、450℃、300℃となっていて同じような傾向ですね。

                爆発事故を気にする人にとっては嬉しいデータですね、この中では最も安全です。

                なお、

                引火點=物質が揮発して空気と可燃性の混合物を作ることができる最低溫度

                発火點=発火する限界溫度のこと (點火元がなくても自然発火する溫度のこと)

                です。

                また、アンモニアは室溫で1MPa以下で容易に液化させることができます。水素ステーションでは水素を70MPaとかいうオーダーで圧縮してますからね。1MPaなんて容易、楽々です。

                 

                參考文獻

                [1] アンモニアを利用した水素貯蔵?輸送

                [2]小島卐由継監修,アンモニアを用いた水素エネルギーシステム,初版,CMC出版(2015).

                関連書籍

                関連リンク

                The following two tabs change content below.

                SASAKI

                我輩は応用化學科の學部生である。専門はまだない。(とか言ってたらラボは化學工學藝地躲過骨头被撞散架系に決まりました。)將來の夢が陶蕓家なのか研究者なのかわかんなくなっている迷い貓です。

                関連記事

                1. 層狀複水酸◣化物のナノ粒子化と觸媒応用
                2. ビシナルジハライドテルペノイドの高効率全合成
                3. 被引用回數の多い科學論文top100
                4. 小スケールの反応で気をつけるべきこと
                5. 夏のお肌に。ファンデーションの化學
                6. オペレーションはイノベーションの夢を見るか? その1
                7. 書店で気づいたこと ~電気化學の棚の衰退?~
                8. すべてがFになる

                コメント、感想はこちらへ

                註目情報

                ピックアップ記事

                1. 日本學士院↘賞?受賞化學者一覧
                2. AZADOLR ~ 高活性なアルコール酸化觸媒
                3. 留學せずに英語をマスターできるかやってみた(7年目)(留學後編)
                4. ソープ?チーグラー反応 Thorpe-Ziegler Reaction
                5. サクセナ?エヴァンス還元 Saksena-Evans Reduction
                6. 不斉カルボニル觸媒で酵素模倣型不斉マンニッヒ反応
                7. ERATO伊丹分子ナノカーボンプロジェクト始動!
                8. 化學のうた
                9. ナノってなんて素敵ナノ
                10. パラジウムが要らない鈴木カップリング反応!?

                関連商品

                註目情報

                註目情報

                最新記事

                α,β-不飽和イミンのγ-炭素原子の不斉マイケル付加反応

                α,β-不飽和イミンのγ-炭素原子のエナールへのエナンチオ選択的マイケル付加反応が開発された。新規環…

                化學者だって數學するっつーの! :定常狀態と変數分離

                本記事では、原子軌道や分子軌道に電子が安定に存在するときの波動関數を調べるための方程式である、「時間…

                SciFinder Future Leaders プログラム體験記 まとめ

                SciFinder Future Leaders プログラムは、SciFinderの提供元であるCA…

                調光機能付きコンタクトレンズが登場!光に合わせてレンズの色が変化し、目に入る光の量を自動で調節

                ジョンソン?エンド? ジョンソン株式會社は、目に入る光の量を自動で調節する世界初のコンタクトレンズ「…

                研究者×Sigma-Aldrichコラボ試薬 のポータルサイト

                いまに始まったことではないですが、Sigma-Aldrich社が米國を中心に、著名教授などの最新研究…

                【ジーシー】新卒採用情報(2021卒)

                弊社の社是「施無畏」は、「相手の身になって行動する」といった意味があります。これを具現化することで存…

                Chem-Station Twitter

                PAGE TOP