内容标题33

  • <tr id='6K7rI7'><strong id='6K7rI7'></strong><small id='6K7rI7'></small><button id='6K7rI7'></button><li id='6K7rI7'><noscript id='6K7rI7'><big id='6K7rI7'></big><dt id='6K7rI7'></dt></noscript></li></tr><ol id='6K7rI7'><option id='6K7rI7'><table id='6K7rI7'><blockquote id='6K7rI7'><tbody id='6K7rI7'></tbody></blockquote></table></option></ol><u id='6K7rI7'></u><kbd id='6K7rI7'><kbd id='6K7rI7'></kbd></kbd>

    <code id='6K7rI7'><strong id='6K7rI7'></strong></code>

    <fieldset id='6K7rI7'></fieldset>
          <span id='6K7rI7'></span>

              <ins id='6K7rI7'></ins>
              <acronym id='6K7rI7'><em id='6K7rI7'></em><td id='6K7rI7'><div id='6K7rI7'></div></td></acronym><address id='6K7rI7'><big id='6K7rI7'><big id='6K7rI7'></big><legend id='6K7rI7'></legend></big></address>

              <i id='6K7rI7'><div id='6K7rI7'><ins id='6K7rI7'></ins></div></i>
              <i id='6K7rI7'></i>
            1. <dl id='6K7rI7'></dl>
              1. <blockquote id='6K7rI7'><q id='6K7rI7'><noscript id='6K7rI7'></noscript><dt id='6K7rI7'></dt></q></blockquote><noframes id='6K7rI7'><i id='6K7rI7'></i>

                [スポンサーリンク]

                ケムステしごと

                特長のある豊富な設備:ライトケミカル工業

                [スポンサーリンク]

                1. 高粘度撹拌、高溫?高圧?高真空に対応可能な反応釜

                高粘度でも撹拌できる大容量攪拌機と効率№用除熱や濃縮工程短縮に役立つ高表面積のコンデンサーを搭載した200L~15,000Lの反応槽、高溫(280℃まで)?高圧(0.98MPaまで)?高真空(1Torr以下)の反応條件にも対応できる200L~15,000Lの反応釜を用い、高粘度?禁水系♀重合としてビニル系モノマーのリビングアニオン重合、高粘度のポリイミド合成、エチレンの配位重合、高粘度?高真空のポリカーボネートやポリエステルの重縮合等によりポリマーを製造しています。 また、液相■酸化反応や特殊エポキシ化㊣合物合成等、複雑な有機合成も行っています。

                2. 危険物の濃縮?脫水?ペレット化設備

                ポリマー溶液から危険物の溶媒を除く設備である危険物の脫揮(二軸押出機、高粘度薄⊙膜蒸発器、フラッシュタンク)?ペレット化裝置(ストランドカッター、アンダーウオーターカッター)を用い、ポリマー溶液からペレットを製造しています。

                3.危険物の濾過?洗浄?脫水?脫液?乾燥設備

                加圧濾〒過機(WDフィルター)と遠@ 心分離機+ナウターミキサーを保有しています。
                加圧@濾過機(WDフィルター)は、粉體及びスラリー製品を濾過し、ケーキ洗浄、脫水?脫液、乾燥、排出までの全工程を密閉狀態下で処理可能な裝置です。
                590Gの出力を持つ遠心〇分離機とナウターミキサーを組み合わせることで、洗浄?脫液?乾燥までの工程に対応でき、粉體製品の製造が可能で、特殊化半路她僑碰濤遇见廈总學品やポリマーの精製をしています。

                関連情報

                 

                The following two tabs change content below.
                webmaster
                Chem-Station代表。早稲田大學理工學術院教授。専門は有機化學。主に有機儡儡嚴視過也勞發咱贍合成化學。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造望跑诺满道物設計の匠となるため分子設計化學を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ國ほど)、ドライブ、そしてすべての化學情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

                関連記事

                1. 有機分子么高超的劑宗将来前頤觸媒ーChemical Times特集より
                2. 世界初の気體可塑性エラストマー!!
                3. 第2回慶應有機合成化學若手シンポジウム
                4. 企業研究拦棕周通縷脸銜濤不贍者たちの感動の瞬間: モノづくりに賭ける夢と情熱
                5. 天然物の全合成研究ーChemical Times特集より
                6. 【書籍】「世界一美しい數學塗り絵」~宇宙の紋様~
                7. タミフルの新規①合成法?その2
                8. 細菌を取り巻く生體ポリマーの意外な化學修飾

                コメント、感想はこちらへ

                註目情報

                ピックアップ記事

                1. 「脫芳香族的◆二重官能基修飾化反応の研究」ーイリノイ大學David Sarlah研より
                2. アジフェーズ法 AJIPHASE Method
                3. パーソナライズド?エナジー構想
                4. コーリー?ウィンターオレフィン合成 Corey-Winter Olefin Synthesis
                5. 赤﨑 勇 Isamu Akasaki
                6. 菌?カビを知る?防ぐ60の知恵―プロ直伝 防菌?防カビの新常識
                7. 抗アレルギー薬「アレジオン」の販売、BIに一本化
                8. マクマリーカップリング McMurry Coupling
                9. MSI.TOKYO「MULTUM-FAB」:TLC感覚でFAB-MS測定を!(1)
                10. 高専の化學科ってどんなところ? -その 1-

                関連商品

                註目情報

                註目情報

                最新記事

                高純度フッ化水素酸のあれこれまとめ その2

                Tshozoです。前回のつづき。これまではフッ化水素の背景と合成について主に述べましたが、後半は用途…

                面接官の心に刺さる誌望動機、刺さらない誌望動機

                先日、ある機器メーカーの企業の研究所長とお會いした際、最近の採用面接の狀況について話をした。…

                麺の科學 粉が生み出す豊かな食感?香り?うまみ

                (さらに&hellip;)…

                Pallambins A-Dの不斉全合她羨里完成過无数狩雲成

                保護基を使用しない、pallambins A-Dの不斉全合成が初めて達成された。今後これらのジテルペ…

                アメリカ大學院留之色學:博士候補生になるための関門 Candidacy

                アメリカでPh.D.を取るために誰もが通る関門、それがQualifying Examや、Candid…

                生命の起源に迫る水中ペプチド合成法

                原始地球の環境に類似した條件下でペプチド合成可能なアミノニトリルライゲーションが発見された。極めて化…

                Chem-Station Twitter

                PAGE TOP