内容标题24

  • <tr id='f91Fyd'><strong id='f91Fyd'></strong><small id='f91Fyd'></small><button id='f91Fyd'></button><li id='f91Fyd'><noscript id='f91Fyd'><big id='f91Fyd'></big><dt id='f91Fyd'></dt></noscript></li></tr><ol id='f91Fyd'><option id='f91Fyd'><table id='f91Fyd'><blockquote id='f91Fyd'><tbody id='f91Fyd'></tbody></blockquote></table></option></ol><u id='f91Fyd'></u><kbd id='f91Fyd'><kbd id='f91Fyd'></kbd></kbd>

    <code id='f91Fyd'><strong id='f91Fyd'></strong></code>

    <fieldset id='f91Fyd'></fieldset>
          <span id='f91Fyd'></span>

              <ins id='f91Fyd'></ins>
              <acronym id='f91Fyd'><em id='f91Fyd'></em><td id='f91Fyd'><div id='f91Fyd'></div></td></acronym><address id='f91Fyd'><big id='f91Fyd'><big id='f91Fyd'></big><legend id='f91Fyd'></legend></big></address>

              <i id='f91Fyd'><div id='f91Fyd'><ins id='f91Fyd'></ins></div></i>
              <i id='f91Fyd'></i>
            1. <dl id='f91Fyd'></dl>
              1. <blockquote id='f91Fyd'><q id='f91Fyd'><noscript id='f91Fyd'></noscript><dt id='f91Fyd'></dt></q></blockquote><noframes id='f91Fyd'><i id='f91Fyd'></i>

                [スポンサーリンク]

                化學者のつぶやき

                Dead Endを回避せよ!「全合成?極限からの一手」⑧

                [スポンサーリンク]

                「極限からの一手」コーナーでは筆者の獨斷と偏見に基づき、全合成における優れた問題解決とその発想を紹介してみたいと思います。困難に直面した全合成化學者がいかにして創造的発紀興儡般想からの解決に至ったか、それを追體験できるようなクイズ形式にしています。実は密かに人気を稼いでいるという噂(?)の本コーナー、だいぶ久々ながら続編公開です。

                第8回は、J. A. PorcoらによるOximidine IIIの全合成(2004)を紹介したいと思います。(過去の問題一覧はこちら

                本合成の鍵工程である12員閉環メタセシスは、素直に設計された基質Aを用いると、目的物Cの生成が低収率にとどまってしまった。しかしながら一見余分な置換基(黃色でハイライト)を備えた基質Bを用いると、収率が大幅に向上した。この置換基の効能と、収率向上に寄與した理由を説明せよ。

                next_move_8q_2

                解答はこちら

                関連書籍

                The following two tabs change content below.
                cosine

                cosine

                博士(薬學)。Chem-Station副代表。現在國立大學教員として勤務中。専門は有機合成化學、主に觸媒開発研餐做饒興洛賞走興過来究。 関心ある學問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化學、世界を拡張させる情報科學、世界を世界たらしめる認知科學。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味?趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

                関連記事

                1. 中國へ講演旅行へいってきました①
                2. MOF 結晶表面の敏感な応答をリアルタイム観察
                3. 掟破り酵素の仕組みを解く
                4. 化學者たちのエッセイ集【Part1】
                5. 分子レベルでお互いを見分けるゲル
                6. 「無機化學」とはなにか?
                7. 構造式の効果
                8. START your chemi-storyー日産化學工業會「社説…

                コメント、感想はこちらへ

                註目情報

                ピックアップ記事

                1. 製薬各社 2011年度 第2四半期決■算
                2. Reaxys Prize 2012ファイナリスト45名発表!
                3. ロルフ?ミュラー Rolf Muller
                4. 鉄觸媒を用いて効率的かつ選択的な炭素-水素結合どうしのクロスカップリング反応を実現
                5. 高峰公園
                6. 2005年ノーベル化學賞『オレフィンメタセシス反応の開発』
                7. リチウムイオン電池のはなし~1~
                8. 英的族長紉他来确賢棕僑文校正會社が教える 英語論文のミス100
                9. 米國へ講演旅行へ行ってきました:Part II
                10. 環狀アミンを切ってフッ素をいれる

                関連商品

                註目情報

                註目情報

                最新記事

                C–NおよびC–O求電子剤間㊣ の還元的クロスカップリング

                C–N求電子剤とC–O求電子剤間のクロスカップリング反応が初めて開発された。有機∮化合物中に普遍的に存…

                Principles and Applications of Aggregation-Induced Emission

                內容This book explores the aggregation-induced e…

                セルロースナノファイバーの真価

                お申込み?詳細はこちら開講期間2019年12月11日(水)10:00~17:25 <1日のみ…

                「日産化學」ってどんな會社?

                ―ぶれずに価値創造。私たちは、生み出し続ける新たな価値で、ライフサイエンス?情報通信?環境エ…

                有機合成化儡根長矛插进興弩箭槽學協會誌2019年10月號:芳香族性?O-プロパルギルオキシム?塩メタセシス反応?架橋型人的過儡輩榆工核酸?環狀ポリアリレン?1,3-雙極子付加環化反応

                有機合成化學協會が発行する有機合成化學協會誌、2019年10月號がオンライン公開されました。…

                有機合成に活躍する器具5選|第1回「有機合成実験テクニック」(リケラボコラボレーション)

                以前お知らせしたとおり理系の理想の働き方を考える研究所「リケラボ」とコラボレーションして、特集記事を…

                Chem-Station Twitter

                PAGE TOP