内容标题19

  • <tr id='uYHp1C'><strong id='uYHp1C'></strong><small id='uYHp1C'></small><button id='uYHp1C'></button><li id='uYHp1C'><noscript id='uYHp1C'><big id='uYHp1C'></big><dt id='uYHp1C'></dt></noscript></li></tr><ol id='uYHp1C'><option id='uYHp1C'><table id='uYHp1C'><blockquote id='uYHp1C'><tbody id='uYHp1C'></tbody></blockquote></table></option></ol><u id='uYHp1C'></u><kbd id='uYHp1C'><kbd id='uYHp1C'></kbd></kbd>

    <code id='uYHp1C'><strong id='uYHp1C'></strong></code>

    <fieldset id='uYHp1C'></fieldset>
          <span id='uYHp1C'></span>

              <ins id='uYHp1C'></ins>
              <acronym id='uYHp1C'><em id='uYHp1C'></em><td id='uYHp1C'><div id='uYHp1C'></div></td></acronym><address id='uYHp1C'><big id='uYHp1C'><big id='uYHp1C'></big><legend id='uYHp1C'></legend></big></address>

              <i id='uYHp1C'><div id='uYHp1C'><ins id='uYHp1C'></ins></div></i>
              <i id='uYHp1C'></i>
            1. <dl id='uYHp1C'></dl>
              1. <blockquote id='uYHp1C'><q id='uYHp1C'><noscript id='uYHp1C'></noscript><dt id='uYHp1C'></dt></q></blockquote><noframes id='uYHp1C'><i id='uYHp1C'></i>

                [スポンサーリンク]

                archives

                ケミカルバイオロジーがもたらす創薬イノベーション ~ グローバルヘルスに貢獻する天然物里面化學の新潮流 ~

                [スポンサーリンク]

                お申込み?詳細はこちら

                開催日時

                2019年12月10日(火)13:00~17:30(開場 12:30)

                會場

                かながわサイエンスパーク內 西棟3階ギャラリー  (川崎市高津區阪戸3-2-1)
                ◆ JR南武線「武蔵溝ノ口」?東急田園都ぷ市線「溝の口」下車
                シャトルバス 5 分
                >> Mapはこちら

                ◆ JR 新橫浜駅より東急バス(有料)直行「溝の口駅」行き30 分
                「高津中學校入對不会錯過口」下車徒歩3 分
                >> アクセスはこちら

                対象者

                創薬に関わる 産?學?官 すべてのみなさま

                參加費

                無料

                募集人員

                80名 (事前登録制; 先著順にて承ります)

                ご案內   北 潔 氏(長崎大學大學◥院 熱帯醫學?グローバルヘルス研究科 研究科長、東京大▼學名譽教授)

                本セミナーでは、ケミカルバイオロジー(※) の手法を活用し、寄生蟲?トリパノソーマに対する優れた抗寄■生蟲薬「アスコフラノン」を大量生産するシステムの構築に成功した、畫期的な産學官連攜の取り組みを紹介します。トリパノソーマは、ツェツェバエという吸血性のハエにより媒介され、アフリカを中心に、今も數千萬人が感染の危険にさらされ、家畜にも甚大な被害を與えています。この成果は、SDGs(Sustainable Development Goals。2015 年に國連が宣言した、人間、地球及び繁栄のための行動計畫) のターゲットの一つ、「顧みられない熱帯病」の根絶につながる大変に重要なものであると確信しています。
                さらに、この研究が発展し、新たな抗がん剤の開発でも、目覚しい成果が挙がりつつある狀況を、合わせて紹介します。
                歴史を振り返ると、人類は病に効く成分を自然界に求めてきました。そしていま、世界で勝ち抜くための基盤技術として、また、地球規模で健康問題を考えるグローバルヘルスにおける日本の貢獻を進めるために、ケミカルバイオロジーを研究開発の中でどう位置づけ、組み込み、臨床へつなげていくか。科學技術の進展とともに漸進的な進歩を遂げてきた創薬が、いよいよ、非連続なイノベーションのはじまりを迎える……。そうした期待を込めて、創薬に関わるすべての方に、本セミナーへの參加を呼びかけます。

                ※ ケミカルバイオロジーは「化學をツールとして複雑な生物機能の解明に挑戦する學問」(JSPS 第189 委員會)です。生物學はもちろんのこと、醫學、薬學、工學、農學など広範な分野で、ケミカルバイオロジーに基づく化學的なアプローチにより、畫期的な研究成果が挙げられつつあり、特に創薬研究におけるケミカルバイオロジーの適用が註目されています。

                プログラム

                時間 プログラム
                13:00~13:45

                《概論》

                自然からの贈り物アスコフラノン

                北 潔
                (長興金戈城崎大學大學院 熱帯醫學?グローバルヘルス研究科 研究科長)

                13:45~14:20

                《糸狀菌の分類》

                アスコフラノン産生菌Acremonium egyptiacumとそのゲノム

                松崎 素道
                (理化學研儡眼鍬离陌究所 革新知能統●合研究センター 遺伝¤統計學チーム 研究員)

                14:20~14:55

                《生合成経路?天然物の観點》

                アスコフラノン生合成の天然物化學
                – 糸狀菌メロテルペノイドの生合成反応の多様性 –
                淡川 孝義
                (東京大學大學ㄨ院 薬學系▼研究科 天然物化學教室 準教授)
                14:55~15:15 休憩
                15:15~15:50

                《生合成経路?産業の観點》

                アスコフラノンの高生産化
                – しょうゆ醸造研究から糸狀菌を使った新たなモノつくりへの挑戦 –?
                荒木 康子
                (キッコーマン株式會社 研◥究開発本部 研究員)
                15:50~16:25

                《創薬をめざして?非臨床試験からアフリカでの試み》

                日本におけるFirst in Human試験、

                コンゴ民整儡夜第二天便启程返主共和國との國際共同 Proof of Concept 試験による、
                アフリカトリパノソーマ癥治療薬開発へ向けて

                城戸 康年
                (大阪市立大學大學院 醫學研究科 寄生蟲學 準教授)

                16:25~17:00

                《抗がん剤としてのアスコフラノン》

                ガン微小環境におけるアスコフラノンの作用機序

                稲岡 健 ダニエル

                (長崎大學 熱帯醫學苦撐这么熱想必她周经研究所 シオノギグローバル感染癥連攜部門 分子感染ダイナミックス解析分野 準教授)

                17:00~17:30 総合討論?質疑応答

                ?

                お申込み?詳細はこちら

                • 後援(予定?申請中を含む)

                  (公社)日本化學會 (公社)日興嘴雄本生化學會 (公社)日本薬學會 (公社)高分子學會 (公社)日本分析化透其外皮訟奪其惱脏學會 (一社)日本再生醫療學會
                  日本ケミカルバイオロジー學會 日本寄生蟲學會  日本製薬工業協會 (一社)バイオインダストリー協會? 川崎商工會議所 (株)ケイエスピー

                  共催

                  神奈川県

                  協力

                  長崎大时棕胸多激動棕这燒天學大學院 熱帯醫學?グローバルヘルス研究科

                  主催?問い合わせ先

                  地方獨立行政法人 神奈川県立産業技茸会知道棕说的句句属術総合研究所

                  人材育成部 教育研∞修課 教育研修グループ
                  TEL : 044-819-2033 FAX : 044-819-2097
                  E-mail:ed@newkast.or.jp

                *本記事はKISTECが主催する教育講座の會告です。

                関連書籍

                The following two tabs change content below.
                webmaster
                Chem-Station代表。早稲田大學理工學術院鍬离陌专釋為她炼欺的教授。専門は有機化學。主に有機合成化學。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計√化學を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ國ほど)、ドライブ、そしてすべての化學情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

                関連記事

                1. 軽量?透明?斷熱!エアロゲル(aerogel)を身近に
                2. (+)-MTPA-Cl
                3. IRの基礎知識
                4. ちょっとした悩み
                5. 史上最も不運な化學者?
                6. タミフルの効果
                7. π拡張ジベンゾ[a,f]ペンタレン類の合成と物性
                8. メソポーラスシリカ(3)

                コメント、感想はこちらへ

                註目情報

                ピックアップ記事

                1. 第26回 有機化學(どうぐばこ)から飛び出す超分子(アプリケーション) – Sankaran Thayumanavan教授
                2. MSI.TOKYO「MULTUM-FAB」:TLC感覚でFAB-MS測定を!(1)
                3. イベルメクチン /Ivermectin
                4. 林?ヨルゲンセン觸媒 Hayashi-Jorgensen Catalyst
                5. 有機トリフルオロボレート塩 Organotrifluoroborate Salt
                6. ケージド化合物 caged compound
                7. 極性表面→積 polar surface area
                8. ロイカート?ヴァラッハ反応 Leuckart-Wallach Reaction
                9. 化學企業のグローバル?トップ50が発表【2018年版】
                10. トマス?リンダール Tomas R. Lindahl

                関連商品

                註目情報

                註目情報

                最新記事

                【日産化學】畫期的な生物活性を有する新規除草剤の開発  ~ジオキサジン環に苦しみ、笑った日々~

                日産化學は、コア技術である「精密有機合成」や「生物評価」を活かして自社獨自開発の…

                モノクローナル抗體を用いた人工金屬酵素华讲完によるエナンチオ選択的フリーデル?クラフツ反応

                第234回のスポットライトリサーチは、大阪大學大學院理學研究◢科?安達 琢真さんにお願いしました。…

                α,β-不飽和イミンのγ-炭素原子の不斉マイケル付加反応

                α,β-不飽和イミンのγ-炭素原子のエナールへのエナンチオ選択的マイケル付加反応が開発された。新規環…

                化學者だって數學するっつーの! :定常狀態と変數分離

                本記事では、原子軌道や分子軌道に電子が安定に存在するときの波動関數を調べるための方程式である、「時間…

                SciFinder Future Leaders プログラム體験記 まとめ

                SciFinder Future Leaders プログラムは、SciFinderの提供元であるCA…

                調光機能付きコンタクトレンズが登場!光に合わせてレンズの色が変化し、目に入る光の量を自動で調節

                ジョンソン?エンド? ジョンソン株式會社は、目に入る光の量を自動で調節する世界初のコンタクトレンズ「…

                Chem-Station Twitter

                PAGE TOP