内容标题17

  • <tr id='5tog48'><strong id='5tog48'></strong><small id='5tog48'></small><button id='5tog48'></button><li id='5tog48'><noscript id='5tog48'><big id='5tog48'></big><dt id='5tog48'></dt></noscript></li></tr><ol id='5tog48'><option id='5tog48'><table id='5tog48'><blockquote id='5tog48'><tbody id='5tog48'></tbody></blockquote></table></option></ol><u id='5tog48'></u><kbd id='5tog48'><kbd id='5tog48'></kbd></kbd>

    <code id='5tog48'><strong id='5tog48'></strong></code>

    <fieldset id='5tog48'></fieldset>
          <span id='5tog48'></span>

              <ins id='5tog48'></ins>
              <acronym id='5tog48'><em id='5tog48'></em><td id='5tog48'><div id='5tog48'></div></td></acronym><address id='5tog48'><big id='5tog48'><big id='5tog48'></big><legend id='5tog48'></legend></big></address>

              <i id='5tog48'><div id='5tog48'><ins id='5tog48'></ins></div></i>
              <i id='5tog48'></i>
            1. <dl id='5tog48'></dl>
              1. <blockquote id='5tog48'><q id='5tog48'><noscript id='5tog48'></noscript><dt id='5tog48'></dt></q></blockquote><noframes id='5tog48'><i id='5tog48'></i>

                [スポンサーリンク]

                archives

                有機ラジカルポリマー合成に有用なTEMPO型フリーラジカル

                [スポンサーリンク]

                M1531.gif


                4-メタクリロイルオキシ-TEMPO-フリーラジカル(1)は,ニトロキシラジカル部位をもつフリーラジカルであり,酸盛有传闻这两年会更进素原子上のラジカル種と窒素原◥子中心のカチオンラジカル種との共鳴構造により,安定化されています。また1電子の授受によって可逆的に酸化還元が起こり,対応するカチオン種あるいはアニオン種が生じます。このような化學↑的性質をもつため,1は酸化還元ポリマーや磁性ポリマーの合成などに利用されており,軽量で柔らかいポリマー樹脂の合成材料として期待されています。

                Organic Radical Battery
                  H. Nishide, T. Suga, Electrochem. Soc. Interface 2005, 14(4), 32.
                Toward Flexible Batteries
                  H. Nishide, K. Oyaizu, Science 2008, 319, 737.

                関連記事

                1. スルホニルフルオリド
                2. 日本初の化學専用オープンコミュニティ、ケムステSlack始動!
                3. アニオンUV硬化に有用な光▲塩基発生剤(PBG)
                4. 大型リチウムイオン電池及び関連商品?構成材料の開発【終了】
                5. 9,10-Dihydro-9,10-bis(2-carboxye…
                6. 取扱いが容易なトリフルオロアセチル化試薬
                7. アクティブボロン酸~ヘテロ芳香環のクロスカップリングに~
                8. trans-2-[3-(4-tert-ブチルフェニル)-2-メチ…

                コメント、感想はこちらへ

                註目情報

                ピックアップ記事

                1. 【第一回】シード/リード化合物の創出に向けて 2/2
                2. 付設展示會に行こう!ーシグマアルドリッチ編ー
                3. [12]シクロパラフェニレン : [12]Cycloparaphenylene
                4. ヨウ化サマリウム(II) Samarium(II) Iodide SmI2
                5. トリフルオロメタンスルホン酸ランタン(III):Lanthanum(III) Trifluoromethanesulfonate
                6. ルボトム酸化 Rubottom Oxidation
                7. 住友化學、液晶関連事業に100億円投資?臺灣に新工場
                8. Ugi反応を利用できるアルデヒドアルデヒド?イソニトリル?カルボン酸?アミン
                9. 卒論?修論にむけて?わかりやすく伝わる文章を書こう!?
                10. 田中耕一 Koichi Tanaka

                関連商品

                註目情報

                註目情報

                最新記事

                ピリジン同士のラジカル-ラジカルカップリング

                電子移動試薬老头送了としてB2pin2を用いたピリジルホスホニウム塩とシアノピリジンのクロスカップリング反応…

                タイに講演にいってきました

                8月25日?29日までタイのバンコクに講演のためにいってきました。なぜタ…

                ケムステ版?ノーベル化學賞候齐海峰的表情变得狰狞補者リスト【2019年版】

                各媒體からかき集めた情報を元に、「未來にノーベル化學賞の受賞確率がある、存命化學者」をリストアップし…

                リチウム金屬電池の壽命を短くしている原因を研究者が突き止める

                リチウムリオンバッテリー(リチウムイオン二次電池)はPCやスマートフォンなどの電子機器に利用されてい…

                研究室でDIY!~エバポ用真空制ㄨ禦裝置をつくろう~ ③

                さて、前回に引き続いて、「エバポ用真空制禦裝置の自作」に挑戦しています。前回までの記事では、…

                AIによる創薬に新たな可能性 その研究と最新技術に迫る ~米?Insitro社 / 英?ケンブリッジ大學の研究から~

                AIの機械學習による創薬が化學業界で註目を集めています。2019年3月に米國サンフランシスコで開催さ…

                Chem-Station Twitter

                PAGE TOP